自分がわからない苦悩が、創作活動のネタになって楽しくなった話

1 / 3 ページ

13年前。


社会人対象のある哲学研究サークルに参加したんだ。




その時、主催者から言われたこと。






「今日の、12時(PM)までに、何がしたいのか?メールしてください。」




お手伝いできることがあればしたい。などという趣旨だったように思う。




帰宅して、考えた。




考えた。考えた。




・・・・。




考えた。1時間。




・・・。




2時間、3時間。




・・・。




食事したか、どうかも覚えてない。




何か、心の奥から迫られてくるものがあったように


苦しく、脅迫感があり、焦らされる、追いつめられる、そんな感じがあった。




そして、なんの答えも出ないままに、とうとう11時59分になってしまった。




決めた。




メールの文章は




「わかりません。なにもでてきませんでした。」




たしか、そんな文章だったような気がする。






送信し終わったら、なんか心の中に安堵感が流れたが・・・。




その後すぐ、人生最大の電気ショックが脳内に・・・。






「僕は、自分がわからないんだ。」ということに気が付いたから・・・。






と同時に、床の底が抜けて、暗いトンネルの中に心が放り込まれた感じがして






「孤独」という恐怖感に囲まれた。






身動きできなかった。




そのころ、僕は会社を退職して次の仕事を探している状態だった


いわゆる”プータロウ”




37歳で、子供一人いるのに・・・。


みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。