みんなが着物を待っていた!1分着物が誕生したストーリー!

1 / 16 ページ

【VO,1 序章】

『もっと簡単に、ぱぱっと3分位で

美しく着れる着物があったら、いいのになぁ・・・。

そうしたら、

もっと着物を着る機会が増えるのに。』

それは、

着付けを習ったのに 

なかなか上手く着れず、

結局 挫折した私の 切なる願いともいうべき、つぶやきから始まりました。

私は、今から10年前に

茶道を習い始め、

そこから着物にも興味を持ち、

どんどん日本の文化に魅了されていきました。

着物を着ると

普段は、チャキチャキ大股歩きの私でも

自然と 歩く歩幅が小さくなったり、

手を上げたりするときは、

袖に手を添えてみたり、

自然と

女性らしい振る舞いになっていることに

驚きがありました。

動きも ゆるやかになるせいか

心や気持ちまで 

おおらかに ゆとりを感じたりします。

着物って、何か特別な知識を知らなくても

日本人であれば、纏うだけで、

ご先祖様たちが大切にしてきた

和の心を 思い出したり

目覚めたり出来るのかもしれない・・・

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。