人生は時に不公平〜23〜

前話: 人生は時に不公平〜22〜
次話: 人生は時に不公平〜24〜

親父はまた失踪を繰り返した。

今度は理由がわかった。

親父は不倫をしていた、親父と知らない女性と写る写真、妙に少ない会社の休みは隠ぺい工作だった。

さらに、不倫相手に借金もしていたらしく、その請求がお爺ちゃんとお婆ちゃんにいってた事

親戚が冷たい理由が、やっとわかった時だった。

この事で一家は離散した、家も後に競売にかけられる。

実家という当たり前の物が無くなった瞬間だった。

そして、大好きだった、お婆ちゃんとお爺ちゃんにも会う事も出来なくなった。

自分は本当に家族を失ってしまった。

戸籍上の母親は息子と娘を連れて、何処かへ行き、自分は生みの母親に頼るしかなかった。

17歳の自分には余りにも大きく抱えきれない問題だった。


続きのストーリーはこちら!

人生は時に不公平〜24〜

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。