子どもを亡くして社畜をやめた話④妻からのメール

1 / 2 ページ

前話: 子どもを亡くして社畜をやめた話③山手線でローキック
次話: 子どもを亡くして社畜をやめた話⑤嗚咽の家と恫喝の職場

子どもを亡くして社畜をやめた話④妻からのメール



目が覚めた時
むすこが死んでいた


体温が抜け始めている
その小さな体を抱き上げて妻に渡す


彼女は
慈愛に満ちたような
打ちひしがれて緊張を失ってしまったような
緩やかな表情で
何も言葉を発することなくただむすこを抱きしめた


おれはそのときの彼女の表情が忘れられない


感情の抜けきった人間の表情は
思い出すだけでも背筋を冷たくする



不幸



これから訪れる幸福の芽を叩き壊し
破片を全て吸い込んでしまう
そのときの妻の表情からはそんな決意の様なものが見えた

そして彼女自身が
ひび割れて粉々になる事を望んでおり
俺は姿勢を変えることも出来ずに
ただその光景を見ていた



社畜部の環境

社畜部には既婚者は3人しかいなかった


前回の山手線でローキックのくだりで登場した
部長代理と蹴られた同僚


そしておれだ


部長代理は結婚して9年が経つということだったが
職場ではパワハラバイオレンスおじさんでも
家庭では妻を愛する良き夫


な訳も無く


その日のターゲットのデスクを蹴り散らしたあとには決まって
家庭と妻そして自身の人生に対する愚痴を
オフィス内の全員が聞こえる音量で喚くのだった






「こんなクソみてーな会社で働いてクソみてーな家に帰って一人でDVD見る位しかやることねーくそみてーなおれの人生がクソみてーな嫁さんと明日は飯食いにに行かなきゃならねーしよー大して旨くもねーのにクソ高い飯なんか食いながら話すことなんかねーしよどうせ嫁さんは機嫌も悪いし落語でも聞きに行って風俗行って呑み屋でもいってた方がよっぽど楽しいのによー最近は浮気相手も連絡取れねーしなんでこんなにクソみてーなんだよ!!!!!!」






「テメーがわけわかんねー営業してっからだろーがよ!!!!!!」

ドン!!!バキ!!!グシャ!!!

「DVD見る時間なくなっちまったじゃねーかよ!!!!!!!!!」

ドン!!!



そしてタバコを吸いに出て行ってしまう
または
デスクでそのまま吸い始めるのだった
もちろんオフィスは禁煙であった



またあるときは



別部署の女性社員から
産休に入る旨を伝えるメールが入ってくるやいなや







「セックス好きのババアがいい歳こいて3人目かよ!!!」





「何でこんな大してかわいくもねーし若くもねー他人の女の為に仕事しなきゃなんねーんだよ!!!!!!!」







著者の中野 ガンジーさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。