人とのつながりは、街の未来を変えるーー横須賀を引っ張ってきた経営者の軌跡と、街への思いと大切にしていること

1 / 2 ページ

人と街と事業に、真剣に取り組んで来た横須賀を代表する経営者。立場や考え方を越えるために、覚悟を持って違いを認め、良いものを讃えてきた。常に思いを正直で、思いをしっかり伝え、人をつなぎ、街をつなぐ。彼の思いを紐解く。



【大切なのは街や相手にとって『良いこと』ーそれなのに、生じてしまう誤解…】

不器用な人-- そう思う。

よく知っている人にはこんなに愛されているのに、知らない人からは違うイベージ、正反対のイメージを持たれていることがある。彼の良さが伝わっていない時がある。


でも、彼の目を見てしっかり話すと、その噂はすぐに覆される。 未来へ踏み出す勇気が湧いてくる。心から応援してくれるのがわかるから。 決して裏切らない強さを感じて、いつも背中を押してもらって前向きにしてくれる不思議な力がある。


誰よりもまっすくで、自分の思いに正直。 いつも何にも真剣で、人のことを自分のことかのように想う。


誤解されるようなイメージを持つ人が出て来たのは、以前、横須賀を二分した、既存の力、地元の力、様々なことが絡み合う中、双方の意見がぶつかる出来事からだろうか。


普通は、既存の概念を飛び越えることはなかなかできない。でも彼は違った。普通を飛び越えて、横須賀の未来を憂いて、ある可能性に賭けた。


しがらみ、しきたり、当たり前のこと、 全てをゼロで考え、街が良くなることと自身の直感を信じて、行動した。


いつものように、未来へ踏み出す人を心から、強く、応援した。

それは一部の人には、裏切りとしてうつったのかも知れない。 非情に移ったかも知れない。


言葉を多く語らないから、誤解が一人歩きしてしまうことになる。 よくそこまでできたなって思う人と、そんなことしてって思う人がいるだろう。 露骨になることもある出来事。誤解を解いたりすることもできたかも知れないけれど、そんな時でも、鈴木はあまり多く語らなかった。 そもそも言い訳も、人を非難することも聞いたことがない。


たくさんの噂や誤解もあるけれど、すごく純粋で、信念を持って前に進む勇気のある人だ。



【毎日仕事も、遊びも全力で、前へ進んできたからこそ創れた『今』】



誰にどう思われるか…とかではなく、正しいものを正しいと感じ、 良いものを手放しで喜べる性格。


そんな姿はビジネスにも表れている。 25歳で横須賀で事業を始めた。 始めた事業は、食品の卸販売。 仕事はがむしゃらにやった。飛び込み営業もたくさんした。 三浦半島の人たちが、思ったよりも買ってくれた。そして事業は軌道に乗り始めた。


毎日仕事も、遊びも全力だった。心細い事などなかった。前だけ見ていた。


そして次に、東京で流行っているレストランを真似て、横須賀の中心街にオープンさせた。ヒズトロ・フレンチ・ダイニンクバーとお洒落な飲食店。どんどん展開して行った。しかし、ある時、数店舗目から思ったように流行らなくなってきた。 資金がショートしかけた。お金が回らなかった。


そして鈴木は、総撤退することを決意する。 事業は引き際が大切。ただし、その決断をすることは会社も従業員も痛みを伴う。 失敗… その思いも引きずる。 鈴木も意気消沈した。飲食業、飲食に関わる人も嫌になった。


そんな時、Starbucks CoffeeやTully’sが日本に上陸する。 鈴木は、起死回生のチャンスをTully’s Coffeeに見出し、展開していくことになる。


みんなの読んで良かった!