アスペルガー症候群について 中編

1 / 3 ページ

※この記事はブログで書いたものの流用です。
自分自身の整理整頓のために書いていますが、
似たような境遇の方、身近に似たような方かいて、
もしお悩みでしたら…何かの参考になるかもと思いこちらにも掲載しました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


前回の話を受けて、

「こんなことを公にすると嫁に行けなくなるよ」

と言う人がいました。

お気遣いありがとうございます。

 

一般的にアスペルガー症候群は、

発達障害のひとつで、完治させる方法がなく、

遺伝的要素が強いとされているからです。

 

たしかに

アスペルガーの親もアスペルガーである率は高いですが…

本当は遺伝ではありません。

「西洋医学で診断されるものに絶対はない」

ということだけ、信じていてください。

(ここでは詳細は省きます)

 

今回は、わたしの仕様説明書のような内容です。

すべての方にあてはまる訳ではありませんが

ご参考までに。

 

 

 

幼いころわたしが祖母に言われた言葉。

「薔薇の花びらのような唇から、なんて憎たらしいことを言うんだろう」

祖母の言いっぷりもなかなかですが、

わたしは無邪気に人の心をえぐるような子でした。

 

言葉の使い方が独特で、

横柄に見られるなど、誤解や行き違いも多くあります。

例えば、「変わってる」「変な人」というのは

わたしにとっては褒め言葉でした。

 

人と関わることを避けていた時期があるため、

「あたりまえすぎる」ことを知らず・できず、

今でも驚かれることがあります。

 

足りないデータはひとつひとつ入力して、

繰り返し使って慣れていくしかないのです。

覚えて身につけば、

マニュアルを応用することも可能です。

 

自分流にこだわることもありますが、

「なぜ」そうした方がよいのか理解すれば

素直に切り替えます。

「どうすればもっとよくなるか」ということを

常に考え、大切にしているからです。

 

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。