黒柴ちひろと春の訪れ その8

前編: 黒柴ちひろと春の訪れ その7
後編: 黒柴ちひろと春の訪れ その9

※今回の記事は、ちひろさん目線でお送りします。


今日は飼い主さんのお仕事あとに、一緒にお出かけ。

わたしのお気に入りのグレーのバッグ。

これが出てくるとわたし、とってもうれしいんだぁ。

いっつも楽しい場所に連れてってもらえるの。


今日はどこかな?海かな?

わたし、うれしくて、駅まで走っちゃった(笑)

自分でバッグに入っちゃうの。えらいでしょう?

電車でガタンゴトン揺られて10分くらい。

神奈川県大和市にある、千本桜に連れて行ってもらいました。

バッグから出ても、昔みたいに走って逃げたりしないの。

飼い主さんが困っちゃうでしょう?

だから、ハーネスをつけてもらうまで、いい子にお座り。えっへん。

高座渋谷の駅から歩いて20分くらい。

もう、春のにおいで気持ちがいいの。クンクン、桜のにおいも嗅ぎ分けるよ。


ここにも毎年連れってってもらえるの。

もう、川沿い、一面ピンク色で、とっても素敵なの。

まるで桜のトンネルみたい。

他にもわんちゃんのお散歩してる人や、ピクニックを楽しんでいる人たちがたくさんいました。

お天気はそんなによくなかったのだけど、本当にきれいで、ちょっぴり感動しちゃいました。

飼い主さんは、わたしが生まれるもっと前からここに通っていたんだっって。


一時間くらい歩いて、おとなりの桜ヶ丘の駅まで歩いて帰りました。

春は楽しいこといっぱいあるなぁ。

桜の花、散らないで、ずっと咲いていて欲しいなぁ。

でもきっと、一年に一回、短い間だからこそ、美しいんだよね。

ちょっぴり大人になったわたし。

(ちひろ)

続きのストーリーはこちら!

黒柴ちひろと春の訪れ その9

みんなの読んで良かった!