高収入男性との結婚を夢見る女が知ってはいけない実態

1 / 4 ページ

年収1000万円のエリートと結婚して、専業主婦になりたい!

一生働くつもりだったけど、男尊女卑の社会ではやっていけないから将来は旦那さんに養ってもらいたい・・・。


こういう思考の女性って実は多いんです。




人前で「専業主婦になりたい。高収入男性と結婚したい」って発言をすると「夢見すぎ」とバカにされるかもしれないから言えないだけです。多くの女性は「優しい人がタイプ(はーと)」と男性の前で言っていても、本音は(できれば)「高収入男性と結婚して、余裕ある生活をしたい」と望んでいます。


それは私がネットビジネスを本業とし、莫大な数のキーワードを調べた経験から実証されています。例えば今まで目にしたキーワードには、このようなものがあります。


年収1000万円 出会い

年収2000万円 彼氏

エリート 結婚

ハイスぺ 彼氏

慶応 彼氏

早稲田 彼氏

などなど・・・。男性の目に悪いと思うので、このあたりでやめておきます。笑


女性ってネットでは本音をさらけ出すものですね!笑


そこで学生時代から現在に至るまで、高学歴・高収入男性がいる環境でビジネスを行ってきた私が高収入男性についてリアルな視点で暴露していきたいと思います。


ちなみに私は大学時代に東大早慶をはじめとする日本トップの高学歴男子とビジネスを実践し、昨年は「約7割が年収1000万円以上稼ぐ平均年齢35歳男性のビジネスグループ」でビジネスを学んできました(いつも女一人で浮いてて辛い 笑)。


この経験から高収入男性の実態と彼らが求める女性の人物像について詳しく解説していきます。


高収入男性の実態とは?

まずいきなり残酷な話ですが、高収入男性と付き合うことはそれほど夢のように幸せな人生とは言い難いです。


なぜなら高収入男性の優先順位と言えば


彼女・家庭<<<趣味<<<<<仕事


だからです。


そもそも彼らが年収1000万、3000万、1億・・・と稼げる要因の一つは、「人生において仕事最優先の選択をしてきたから」です。だから恋愛よりも仕事が大切なのは言うまでもありません。


彼女にかまっているよりは、自分がやりたいことを優先する性格だからこそ、女性に対しても「精神的な自立」を求めています。


「大好きな彼氏にいつもかまってほしい。毎週、必ずデートしたい」という女性には高収入男性が向いていないですね。


みんなの読んで良かった!