⑨ 無一文で離婚した女が女流官能小説家になり、絵画モデルとなって500枚の絵を描いてもらうお話 「彼のおいたち・修善寺旅行の出来事」

1 / 7 ページ

前編: ⑧ 無一文で離婚した女が女流官能小説家になり、絵画モデルとなって500枚の絵を描いてもらうお話 「上野の森美術館で見た絵」
後編: ⑩ 無一文で離婚した女が女流官能小説家になり、絵画モデルとなって500枚の絵を描いてもらうお話 「彼の誓い・いよいよ油絵」




 上野の森美術館を出た後、岡村と私は、カレーが美味しいと有名な近くのレストランに入りました。

 陽光のさす明るい2階の店内で、お昼のカレーランチに珈琲とデザートをつけて注文し、食べながら岡村の話を聞いたんです。

 彼が生まれたのは東京。

 父親は職業軍人でした。

 終戦になり、父親は大手保険会社の支店長として、長崎の島に移り住みます。

ーー僕は高校を卒業すると、絵では食えないと言う親父の反対を押し切って、東京の美術学校を受けたんだ。

 小さい頃から庭でガラス瓶に色粉を入れて溶かして、それを陽にかざして遊ぶのが、何より好きな子供だった。

 お袋や親父からは、変な子だねとよく怒られていた。

(そして高校では、授業をさぼり、一人丘に登って長崎の海の絵ばかり描いていたんですね)   

 そう、教師や友人はみんな応援してくれた。

 武ちゃんは絶対に有名な画家になるけん、と言ってね。

 総出で見送りに来て、送り出してくれた。

 美術学校は落ちてしまったんだけど、仲間に送り出された長崎には帰れなかった。

 それで、東京の大学生になった友人のアパートに同居して、彼と二人で中野の飲み屋街をバイトしてまわった。

 彼はギターを弾き、俺は客の似顔絵を描くんだ。

 でも客がつかなくてね。

 ある時新宿に行くと、伊勢丹のシャッターの前に大勢の似顔絵描きがいた。

 僕が若い頃には、伊勢丹デパートが営業をおえてシャッターを降ろすと、その前に似顔絵描きが大勢立っていたんだ。

 客もついている。


 これだっ、と思った俺は、さっそくオードリーヘップバーンやフランクシナトラのペン画を描いてイーゼルの横にはりつけ、似顔絵描きに立ったんだ。

 まだ18歳だった。

 白いシャツに蝶ネクタイをしていたから(蝶ネクタイ)と呼ばれていた。

 いそいそとまっさきにイーゼルを立てて、

「社長、いいお顔してますねえ~」

「3分で描けますから!」

 声をかけてどんどん客を取っちゃう。

 そのうち、

「勝手に入ってきたあのあつかましい新参ものはいったいどこの誰なんだ?」

 と言うことになってね。

 その場所のリーダー格の25歳のケンさんが、

「お前、誰に断ってここに毎晩立ってるんだ?」

 と文句を言いに来た。

 裏で決闘になったんだ。

「誰に断っているかだって? 俺は命かけてるんだっ」

 低く構えて尻のポケットにいつもさしている肥後のかみを抜くと、その刃がきらっと光って、それを見たケンさんは笑い出したんだ。

「わかったわかった。お前なかなかいい度胸してるじゃないか。蝶ネクタイ、その意気買ったよ」

 リーダーって言ったって、ケンさんもまだ美大生の画家の卵だったんだから。

 すぐに仲良くなった。

みんなの読んで良かった!