セールススキルを路上販売で身につけた話

1 / 2 ページ

前編: ユダヤ人大富豪の教えをそのまま実行してみる事にした話。
後編: チャンスは人からやってくる

ノート8冊分の振り返りで



人生の方向性が定まった僕は残りの学生時代に3つのことやると決めた




1つ目、大学生のうちに、自分が活躍したい業界の成功者とつながりを作ること。 



2つ目、セールスの達人になること。



3つ目、自分でビジネスを行うこと。 




具体的にどんな

取り組みをしていたかというと


 


①成功者とのつながりを作ること。



大学生のうちに一泊二日で8万の経営者セミナーにいった。当然、「え?君よく来たね!」とご縁を作ることができた。ここで出会った、川畑、川田社長には本当にお世話になった。 特に上京した時に本当にお世話になった。




②セールスの達人になること


自分でビジネスを行いたいならセールス・コミュニケーションの達人になりなさい。と大富豪の教えに書いてあったのでそのまま実行することにした。 



「営業代行会社、インターン、仙台で」検索して一番辛そうな営業会社に電話。どうせなら、揉まれようと思った。




あのー、

インターンの募集みたんですけど・・・・


いいですよ!
うちでは営業研修というのやってます

一度会いましょう。
面接しますので履歴書持ってきてください


みんなの読んで良かった!