⑥ 無一文の女が女流官能小説家となり、絵画モデルとなって500枚の絵を描いてもらうお話 彼の正体は? プレーボーイ?

1 / 3 ページ

前編: ⑤ 無一文で離婚した女が女流官能小説家になり、絵画モデルとなって500枚の絵を描いてもらうお話 「ポーズを決める」
後編: ⑦ 無一文で離婚した女が女流官能小説家になり、絵画モデルとなって500枚の絵を描いてもらうお話 「秋の展覧会、出品した絵は…」

 

(雑誌に掲載されたペン画・デッサン)

 (バラの吐息)


[新聞 挿絵)


 このころ私はまだ、彼は女にコンプレックスがあって、付き合えないか童貞?

 と思っていた。

 だが、そんな私の考えをくつがえすようなことが起こったんです。

 

 ある時彼は、

「あなたの町に遊びに行きますよ」

 と言って、私が住んでいた私鉄沿線の小さな駅に来てくれた。

 記念に、と言って彼は、

「まち子先生の何でも好きなものをプレゼントしますから」

 と言ってくれ、私はコードレスの掃除機と、下着専門店で美しい外国製の総レースの下着を彼に選んで買ってもらった。

 そして夜は、駅前のスナックに飲みに行ったのだ。

 まだはやい時間帯だったので、ホステスさんやママさんが多勢ボックス席についてくれた。

 この夜の彼は、ぐいぐい飲んで、よく喋った。

 いつも口下手でもシャイな彼なのに、見違えるようだった。

 豹変した、と言ってもいい。

 岡村が画家だと告げると、ホステスさんから喚声が上がる。

「美人ばっかり描いていらっしゃるんでしょう!」

 岡村は、

「こちらの方は売り出しの女流作家さんで、私の絵のモデルもなさってくださっているんです」

 と紹介してくれた。

「あらあ、ステキ! いいですわねえ」

「うらやましいわあ」

 ホステスさんから嫉妬ビームの視線が飛ぶ。

 この夜の岡村はよく飲みよく喋って、ホステスさんからモテモテだった。

 一人のホステスさんが秋田出身だと告げると、

「全身が透き通るような美しい肌なんでしょうね」

 とすかさず褒める。

「そんなことないですよう~」

 彼女が頬を染めると、

「僕の目はごまかせませんよ。僕の以前のモデルさんも秋田出身でしたが、抜けるような白い美肌の持ち主でしたから」

 じっと彼女を見つめて、すらすらと男らしく喋った。

 別人のようだ。

 30代のメガネをかけたママさんが、

「私、この近くにて、マンションを借りて、歩いて店に通ってるんですけど。たまに男性客につけられたりして、怖いことがあるの~」

 と告げると、すかさず他のホステスたちが、

「ママ~今日はこちらの画家先生に送ってもらったらあ」

みんなの読んで良かった!