5 min read

28歳で投資銀行を辞めてアメリカ留学予定だったのに、フィリピンに語学学校を設立してしまった経緯の話(第二話)

Picture?width=400&height=400
著者:
渡辺 和喜
1 / 4ページ
【第二話:挫折】

第一話はコチラから。

コンサルティング部門に配属された私は、10年以上コンサルティングの
キャリアを持つ上司から、手厚く指導してもらい配属後半年した頃から
プロジェクトリーダーとしての仕事を任されるようになった。

当時まだ26歳。

コンサルティング先の企業からすれば、
「こんな若いお兄ちゃんで、本当に大丈夫かいな?」
と思われていただろう。

年齢に加え私は童顔であるため、さらに不安は大きかったと思う。
一時期、若く思われるのが嫌で伊達眼鏡をしていたが、
それはネタにしかならず、失敗に終わったことは言うまでもない。笑

九州では名立たる企業のコンサルティングを担当させて頂いた。
製造業、サービス業、飲食業、水産業、印刷業etc...

オーダー内容は様々だが、どのようなオーダーにせよ、
やはり多くの企業は自社の行く末を案じている場合が多い。

いわゆるリーマンショック以降の景気停滞から、
産業構造が大きく変わり、これまでのビジネスモデルを
ただ継続していただけでは、縮小均衡に陥るのは目に見えている。

だが、では次の一手をどう打つか。

これには、もちろん経営者の長年培った「勘」も必要だが、
会社の将来を左右しかねない大きな舵取りになる。
その「勘」を働かせるためにも、判断材料が必要になってくる。


そこで、我々が登場してくるというわけだ。


「成長戦略策定プロジェクト」


このプロジェクトのゴールは、最終的に我々が考える
成長戦略の具体案を提示しなければならない。
続きはこちら

28歳で投資銀行を辞めてアメリカ留学予定だったのに、フィリピンに語学学校を設立してしまった経緯の話(第三話)