28歳で投資銀行を辞めてアメリカ留学予定だったのに、フィリピンに語学学校を設立してしまった経緯の話(第三話)

1 / 2 ページ

前編: 28歳で投資銀行を辞めてアメリカ留学予定だったのに、フィリピンに語学学校を設立してしまった経緯の話(第二話)
後編: 28歳で投資銀行を辞めてアメリカ留学予定だったのに、フィリピンに語学学校を設立してしまった経緯の話(第四話)

転換点

「机上の空論を並べるコンサルタントにはなりたくない!」

第二話の事件をきっかけに、僕の人生は大きく舵を切ることになる。

色々と考えを巡らせた末に、僕が選んだ結論として、
「アジアで起業もしくは就職をし、泥臭い経験を積み重ねる!」
これこそ、今の僕に足りない経験であり、必要な経験であると定義。

さて、決めたからには行動はなるべく早くがモットー。
まず、そもそも海外経験がほとんどなく、英語も喋れない僕にとっての第一関門は、
もちろん「英語」である。英語も喋れない人間が、海外で働こうなんて、素っ裸で戦場に飛び込んでいくようなもの。

当時の僕の頭の中では、英語を学ぶ=アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリア。
それしか選択肢は無かった。この中で、もっとも刺激的な経験が出来そうな国
と言えば、「アメリカでしょ!」ということで、何の疑いもなく、アメリカのシカゴに
ある語学学校に6か月間留学することを、なんとなく決めてしまった。
※「シカゴ」に決めた理由は、単に西海岸と東海岸のちょうど中間に位置しているので、どちらにも行きやすいだろうという、極めて浅はかな理由であったことは内緒にしておく。

確かに金額的にもなかなかで、現地の生活費や航空券代なども考慮すると、
200万円以上掛かるようだったが、留学市場の相場なんて知らない
当時の僕からすると、「高いけど、その位はするんだろうな。留学だもの」
と思う程度であった。


順調に留学準備を進める中で、かねてより良き相談相手であった
同僚の鈴木光貴(現ユナイテッド・リグロース CFO)も同じく「アジア」「経営者」
といったキーワードではような考え方を持っていたので、
「こういうビジネスがしたい」などといった話題で深夜まで語りあった。

この時は、彼と一緒に創業することになるとは夢想だにしていなかった。

そんなある日のことである。

カズ、俺の知り合いでめちゃめちゃ熱くて、さらにアジア進出を考えている友人がいるんだけど、お互いアジアを目指す人間として会ってみては?
それは面白いね!ぜひ一度皆で飲みながら、熱い将来の話でもしようよ!
この時の彼の提案こそ、現在のユナイテッド・リグロース株式会社が生まれる
初めのきっかけとなったのである。

その提案からしばらくもしないうちに、初めて3人が顔を合わせる席が
東京浅草にて設けられた。

秋風が吹く2011年11月頃だった。


みんなの読んで良かった!