毒親両親に育成された私の本当の志命 2

1 / 7 ページ


証券会社での日々は朝から多忙だった。

毎朝7時前には出勤し、男性上司の湯飲みを全部覚え、急須に茶葉を入れ

お好みのお茶の濃さや適温調整等を意識し、上司から小言文句の出ない完璧なお茶を淹れる

ことからスタートした。


私は上司の奥さんなのかと思ってしまうような、嗜好を完璧に把握する必要性があった。

経済情報新聞記事に目を通し、必須記事をコピー、手作業で切り貼りして、朝礼朝会用の

コンパクトな情報共有紙を作ることから始まった。

当時は携帯もなく、金融機関専用端末があるだけだから、顧客情報を呼び起こすにも

あらゆる専用コードを覚えなければ、何もデータを呼び起こせなかった。

IT時代の今はなんと便利なのだろうと今だから思える。


貯蓄商品パンフレットや粗品の手配や補充、店舗掃除、外務員資格取得の勉強、

実地研修、沢山の金融商品を覚え、お金を数え、電話対応、顧客対応、新規開拓

絶対ノルマ達成と絶対ミスが許されない緊迫とした環境下に身を置くことになった。

私が入社をしたのは、バブルが弾けた後だっただけに、電話はすべてクレームの嵐で、

大儲けした後に大損したお客様が、電話に出た者であれば、新人だろうが何だろうが、

お構いなしで、『お前のせいで大損した!金を返せ!弁護士つけて裁判で訴えてやる!』

というのも日常茶飯事だった。

怒鳴りつけられる電話を取る度に、心臓が縮まる思いがし、同時に母親の交際相手が

不機嫌になり、自分の思い通りに事が運ばない現実を上手く消化できない子供じみた

大人の猛獣が、電話の向こうにいるように思えてた。

私は冷静に、電話口の顧客の滝のように止まることのない荒い飛沫が飛ぶクレームを

黙って浴びることを仕える事として受け止めていた。

大儲けした顧客を抱えた多くに先輩は寿退社をし、その遺産として受けた顧客が

お金の欲望に限界と収まり処を見いだせない他人に依存する責任の取れない大人

達だったと思う。

儲けることが悪いこととも思わないが、すべては自己責任の範疇ですれば、

いいだけのことなのに、どうして不確かな情報を頼りに、100%正解を求め、

それを金銭という物差しで測る必要性があるのかが、私は答えを見つけ出せないままでいた。


どんな市況下であっても、人の欲望は収まることを知らない。

華やかな職場というだけあって、歓送迎会も華やかで、何かしら毎月お食事会があり

強制的に幹事役も回ってきた。

ブランドのバッグに指輪やピアス、派手なマニキュア等は当然周りの関心が強いところで、

顧客からの反感を買わない為に、肌に近い色で統一し隠すという意味で、バンドエイドを

テープ替わりにして、切って肌に接着させるという異様な規則もあった。


私は大人になっても、ずっと規則、絶対命令に従い、服従し、常に右に倣えの姿勢を貫く

事が当たり前の、自分の感情を抑え黙秘し、〇△しなければいけない、ねばならない

白黒付ける事が大事ということを学んだ。

幼少期から学生時代、家庭における母と姉という指導者、自分本位の大人、

みんなの読んで良かった!