毒親両親に育成された私の本当の志命 1

1 / 12 ページ


私の生家は、両親が日々忙しく営む当時から珍しい、貝の卸店であった。

自営業の父と母は、毎日早朝から忙しく市場に貝を仕入れ、家に戻ってすぐに、

活きた貝を大きな板で揉み洗いし、手揉み洗いをし、いくつかの工程をすべて手作業で行う。

一つ一つの貝を丁寧に分け、完全に綺麗に砂出しをした貝に辿りつくには、物凄い手間と時間を

要する。機械ではなく手作業だからだ。

赤貝,とり貝、ホッケ貝、鮑に伊勢海老も取り扱っていた。

海藻や大葉を使って彩よく大皿にお刺身盛りにしたりもしていた。

小売り用に枡で目方を図り、業務用じょうごで小網に詰め替え、塩度調整した水槽に

戻し保管、その他に浅利、蜆の佃煮を作ったりしていた。

屋号を忠誠した『貝作』であった。

だから私は幼少時から、貝は潮干狩りに行って食べるものというよりも、

日常毎日、当たり前に朝晩の食卓で、浅利や蜆のお味噌汁に始まり、

おかずでは貝のお刺身盛り合わせ、貝の佃煮で何倍も白飯をお代わりするのが

至極当然として育った。

貝が大好きな私は、ちょっと珍しい商売の家に生まれたのが嬉しくもあり、

誇りにも感じていた。


貝を扱う店が当時から大変珍しく貴重で、砂出しが面倒でありながら、

舌触りにジャリっと言った不快な触感が無く、鮮度が高い活きた美味しい貝が食べれると

非常に好まれて、来客が多かったのを覚えている。


子供の頃に沢山の貝を食べて育った私は、牡蠣も沢山飽きることなく食べ続け、

二重で目が大きっくなったらしい。母はいつも周りの大人に、

どうして娘さんは目が大きいのかと聞かれては、大粒の生牡蠣を毎日

のように食べさせていたからだと、頻繁に説明していた。


今思えば、この時が人生最高絶頂期で、贅沢な日々を送っていたのだった。

二度と戻ることのない家族4人が揃った幸せの時間。




父は若い藤竜也に似たスリムでハンサムで物静かであり、非常に個性的な男性であった。

商売人というイメージからは程遠い、ニヒルで知的好奇心旺盛なとてもユニークなアイデアマンでもあった。


母と二人で海外旅行や、子煩悩で家族揃ってバーべキューや国内旅行にドライブと

時代に沿った教育や楽しみやファッションを存分に与えてくれる父だったとも思う。

母曰く、父は男の子ではなく女の子を望んでいた為、二人姉妹を授かったことを

大変喜び、子供たちにできる限りのことは与えてあげなさいと言っていたらしい。

幼少の私が父を自慢することは無かったし、これまでも無いのだか、

配達軽車の荷台に上って、父と車庫までの短いドライブデートが、

私には『ねぇ~みんな パパ恰好いいでしょ!』と自慢したい時だったのかもしれない。

みんなの読んで良かった!