11話 現地ツアー

1 / 4 ページ

前編: 10話 市内観光2
後編: 12話 裏側

長い1日がやっとおわって2日目。



なんか知らないけれど、イヤホンなくなってる!


しかし、カナダからレイキャビクまでの飛行機でイヤホンをサービスでもらっていたから大丈夫。


元々いらないと思っていたけれど、隣に座っていたお姉さんが席を立たったら、「これあなたのだよ~」って言ってくれたからもらったんだよね。お姉さん。ほんとありがとう。


優しい。



あのお姉さんは人の落とした荷物発見したりしていい人だったな~ほんと、日ごろからいい人なんだろうね。



なんて昨日の良いことを少しだけ思い出して朝食会場へ向かう。


・・・


朝食はバイキングだ。


甘いパンが結構多い、腹持ちがいいね~明日は食べないことにしよう。

他のおいしいものが食べられなくなってしまうからね。

何気ないひとつひとつのものが本当においしかった。




新鮮な野菜をつかっている。そんな感じなのかな?

魚介がおいしいというだけあって魚がおいしかった。

何の魚かはわからないけれど(汗)


わかんないけれど、おいしいからいっぱい食べた!


・・・



もしかしたらバッグが届くかもしれないことをホテルのフロントに伝えると、「もしも届いたらあなたの部屋に入れておくよ」と言われる。まだ話の途中だったのに理解して言ってくれた。すげー!!お礼を言ってホテルを出る。


昨日のツアーにもしも参加していたら地面の割れ目にでも落ちて命を落としていたかもしれない。風にあおられて崖から落ちていたかもしれない。欠航になって便が遅れて、挙句荷物がないなんて普通はない。


ここまでのことが起きたのなら神様が「お前は行かない方がいい、市内観光でもしておいた方がいいよ」と言っているに違いない。そう思うことにした。



下見のおかげでピックアップ場所までは簡単についた。しかし、この旅の自分はおかしい。もしかしたらホテルを間違っているかもしれない。


30分前に到着してバスを待っている。



来ない。



普通に考えて30分前に来ることはないだろうけれど・・・


不安だからフロント人に聞いて、ここはこのホテルであっているのか?


予約書を見せて確認する。


予約書は英語で書いてある部分もあるからフロントの人も内容がわかったようだ。


この場所であっている。時間は早すぎるね。と言われた。


みんなの読んで良かった!