13話 実質的な最終日

前話: 12話 裏側
次話: 14話 空港へ

今日も現地ツアー。英語ガイドツアーだから昨日とは少し違う。

朝は曇っていたけれど、晴れてきた。

天気がコロコロ変わるのがアイスランドという国らしい。

朝曇っていてもテンション下げなくていいのはいいね!

逆にテンションダダ下がりになることもあるかもしれないけれど(汗)



今日は泊まっているホテルまでバスが迎えに来てくれる。

30分前に待っていてくれと言われている。

早いな~アイスランド人は30分前行動なのかな?

今日もほぼ時間通りに迎えが来る。

ふぅ~ちゃんと会えたよ~バス乗れたよ~現地ツアー参加できるよ~

と、安心する。




後はバス乗るだけだ~と安心してツアーに参加した。

この日も良いツアーだった。

何時にバスに戻ってくればいいかぐらいはわかったし、ガイドさんは時々話しかけてくれた。観光案内はほとんどわからなかったけれど(汗)



・・・・


荷物に関してのメールがきた。

なんと!メールによるとカナダで荷物をピックアップしなければならなかったとのこと!

日本語で確実にピックアップは不要と確認したのに!!!

成田言ったらめちゃくちゃ文句言ってやろう!



いやー、でも驚きだ。でかいバッグ用意したけれど、なくても旅行出来るらしい。スーツケースを2つぐらい運んでいる人も良くいるけれど、意外とあの人たちもバッグがなくても旅はできるのかもしれない。

ショルダーバッグ一つで世界一周はできるらしい(笑)



「ショルダーバッグひとつで世界一周しました」

なんて本のタイトルにありそ~あははははは~・・・



本当に・・・書いてみようか?

というわけでこんな何気ない思い付きからこの旅行記は作られることになりました。

ストーリーをお読みいただき、ありがとうございます。ご覧いただいているサイト「STORYS.JP」は、誰もが自分らしいストーリーを歩めるきっかけ作りを目指しています。もし今のあなたが人生でうまくいかないことがあれば、STORYS.JP編集部に相談してみませんか? 次のバナーから人生相談を無料でお申し込みいただけます。

続きのストーリーはこちら!

14話 空港へ

著者の三条 翔也さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。