第4話『恋の病』 ⭐︎夢を諦めている人へ!コードも読めないアラサーの私がプロのジャズシンガーになるまで⭐︎

1 / 3 ページ

前編: 第3話『原動力』 ⭐︎夢を諦めている人へ!コードも読めないアラサーの私がプロのジャズシンガーになるまで⭐︎
後編: 第5話『〜バークリー奨学金オーディションその1 VS アドリブ編〜』 ⭐︎夢を諦めている人へ!コードも読めないアラサーの私がプロのジャズシンガーになるまで⭐︎

第4話 〜恋の病〜



さあ、ぼちぼち、奨学金オーディションについて書いてみたいと思います。

あ、前置きをしておきますが、

私はシンガーのオーディションについてしか語ることが出来ませんので

楽器でオーデションを受ける!と言う方、あまり参考にならないかも知れませんので悪しからず^^;

あまり詳しくないのですが、バークリーへ入学したい人の為の「奨学金制度」というのは結構たくさんあるようです。

楽器別に、バークリーを卒業した大御所さんが援助をしてくれるものや、海外留学のための奨学金制度とか色々。

私が受けたのは「Berklee World Scholarship Tour」というものでした。

これは、バークリーの教授陣が世界各国を回り、実技オーディションと面接を行い、

同校に有益をもたらす、と判断された人材に奨学金を支給するもの(と、確かパンフレットに書いてあった気がする)です。

日本では年2回、東京、神戸にある提携校で行われています。(2002年現在)

提携校は私の知る範囲では、東京では渋谷のPAN スクールオブミュージック(閉校してしまいました2017年現在)、神戸では甲陽音楽学院などです。

実際入学してみると、日本人学生の中ではダントツに関西弁をしゃべる学生が多いのに驚かされますが、

それはこの提携校の出身者が多いから?ではないか思われます。

私は渋谷のPAN スクールオブミュージックに申し込み、オーディションを受けました。

同校のHPに、申し込みからオーディションまでの流れが明記されてますので、そちらを見れば最新情報がわかると思いますので、是非チェックしてみてください。

確か、オーディションの申し込み書、英語だった気がします。

このあたりから既に、英語の書類に立ち向かう心構えをしておきましょう^^;

書類審査の内容ですが、これは、

自分が専攻したい楽器について、2年以上の音楽教育を受けた者

みんなの読んで良かった!