第9話『心動かすもの』 ⭐︎夢を諦めている人へ!コードも読めないアラサーの私がプロのジャズシンガーになるまで⭐︎

1 / 5 ページ

前編: 第8話『諦める、という決断』 ⭐︎夢を諦めている人へ!コードも読めないアラサーの私がプロのジャズシンガーになるまで⭐︎

第9話 〜心動かすもの~



私が合格したのは奨学金オーディションであって、バークリーに入学を許可されたわけではありません。



苦難??は続きます。


日本の大学を受けるのと同じで願書を提出します。

日本の大学と違うところはこの願書さえ通れば入学ができるということです。


ということは...願書命ということです。


願書はバークリーに資料を請求すると一緒に送られてきます。

オーディション会場にも置いてあったと思います。




この願書はやや3部にわかれていて、


一つは専攻予定の楽器(ボーカル)について今までに勉強に使った本とか、

どんな学校に通っていたとか、どんな先生に習ったか、とか...いわゆる経歴をかくものと、


小論文、あとは推薦状です。


試験がないので、小論文は結構合否を左右すると思われます。

それはもう。。。必死こいて書きました(T_T)


理想的な内容としては


「私を合格させれば、きっとあなた方にとって利益をもたらす働きをするでしょう」

みたいな感じで、

バークリーで学んだことをいかに将来的に生かしバークリー音楽大学という名前を世にしらしめるか?というような事を書くといいようです。




ちなみに私は、


「日本には本格的にジャズボーカルを勉強している人は少ない。

それは日本にジャズボーカルを教える大学がほとんど ないからだ!(実は洗足大学がありますが)

だから私自身がバークリーで学ぶことの素晴らしさを体験し、それを日本に伝える役目を果たしたい!」


このような偉そうな文を、書かせていただきました。

みんなの読んで良かった!