第12話「アメリカの洗礼」⭐︎夢を諦めている人へ!コードも読めないアラサーの私がプロのジャズシンガーになるまで⭐︎

1 / 6 ページ

前編: 第11話『バークリー音楽院?バークリー音楽大学?』⭐︎夢を諦めている人へ!コードも読めないアラサーの私がプロのジャズシンガーになるまで⭐︎
後編: 第13話「アメリカの洗礼 続き そしていよいよ授業を選択する時」⭐︎夢を諦めている人へ!コードも読めないアラサーの私がプロのジャズシンガーになるまで⭐︎

バークリーには、

実に様々なレベルの学生がいます。


そもそも、

ミュージックビジネスや、音楽教育、音楽療法、エンジニア、など、

プレーヤー志望でない人も沢山いるので、

そういう人たちは、何もそこまで演奏技術がなくても良いわけなので、楽器や歌の技術と言う意味でのレベルは本当に様々です。


そして、私のように、


自分のレベルはさておき、

「バークリーに来ればなんとかなる!!」

と言う、

超絶他力本願な人も、少なからずいるのではないかと思います(^^;;


私は、

「自由の国」での学び方について全く無計画、無知で、

本当に、「バークリーに行けばなんとかなる」と思ってました。


授業の取り方から、もうカオス。


『履修要項』って言う分厚い冊子は、暗号同然に、

何が書いてあるかわからなかった((((;゚Д゚)))))))


もう、ボストンに着いて数日で、英語力のなさに打ちひしがれたのでした。


訳がわからなくても怒涛の様に、

校内でのレクリエーションとか、銀行口座開設とか、着いて1週間で予約してたドミトリーを出なきゃ行けなかったので、住むアパートを探さなきゃだったりとか、

とにかく、この着いて1週間で、

爪がね、


そう、

爪が、ボロボロに脆くなったんです。

身体と精神不安って繋がってるんだなーって、

思いました。

私の場合、特にボストンに着いて3日間くらいで数年分老けたと思います..


今思うと、多少お金がかかっても、英語のプレスクールに行くべきでした。


専門課程の授業が始まる前の数ヶ月で、英語での生活をし、時差ボケなどを修正、身体を異国に慣らすことや、

まして、海外旅行もろくにした事がなかった私のような人は、


一通りの失敗や経験を積んで(学校以外の!)

みんなの読んで良かった!