僕の人生を変えた魔法の習慣 - 落ちこぼれが○○に気づいて3年で店長になった話

1 / 2 ページ


こんにちは。

美容室経営をしている北原といいます。


僕は小学生の頃からずっと落ちこぼれで、友達は一人もおらず、学校の勉強にもついていけませんでした。


そんな僕は社会人になっても落ちこぼれつづけ、先の見えない将来に強い不安を感じていました。


ところが、たった1つの魔法の習慣で人生がガラリと変わり、3年で当時働いていたお店の店長に就任するまでになりました。


ここでは、その時の話をお伝えさせていただこうと思います。

何かに行き詰ったり、将来に漠然とした不安を抱えたりしている人たちの力になれれば幸いです。



学生時代の僕は

絵に描いたような落ちこぼれだった



・成績は下の下

・友達ゼロ

・コミュ障

・ネクラ


父親の都合で小学生から転校を繰り返し、「どうせすぐ転校するから」と友達をつくらず、勉強もついていけなくなっていた。


「どうでもいい」


当時の僕の口癖だった。そして、自分の殻に閉じこもっていった。


そんな僕にも1つだけ居場所があった。
それは当時流行っていたオンラインゲーム。インターネット上で、見知らぬ人と会話しながらゲームを楽しむバーチャル空間だ。



北原
ここなら一人じゃない
学校での自分を忘れさせてくれる友達もいる


そう思って、ゲームにのめり込んだ。


学校で寝て、家に帰り、朝までゲーム。こうした学生生活は、僕なりに充実していた。永遠にこんな毎日が続けばいいと思っていた。


高校卒業のタイミングで就職と進学の2択を迫られた。


「勉強はしたくない」

「就職して働くのもいやだ」


そんな僕は、理美容専門学校に進学するという素晴らしい解決策を思いついた。 



表向きの理由はなんとなく「カッコいいんじゃないか」と思ったから。


本音の部分では


「大学まで行って勉強したくない、でも今すぐ就職して働きたくない。じゃぁとりあえず専門学校でも行っとけ」


という、ある種の現実逃避に近いものがあった。


もちろん、しっかりと志を持って専門学校に進学する人たちが大半だと思う。

けれど、僕の場合は完全に”逃げ”だった。


そんな動機で始まった2年間の専門学校生活は、あっという間に終わった。


オンラインゲームに明け暮れ、相変わらずリアルな友達はできず、成績は下の下で目も当てられなかった。



落ちこぼれは社会人になった



専門学校を卒業するころには、さすがの僕も就職せざるをえない状況に追い込まれた。

そして、たまたま運良く内定をいただいた地元の理美容室に就職した。


社会人になったからといって、すぐに生活態度が改まるわけはない。


同じ年に就職した同期たちが夜遅くまでカットの練習に励む中、僕はロクに練習もせず即帰宅し朝までゲームをする生活を続けた。


そんな生活を1ヶ月ほど続けたある日、社長に声をかけられた。



社長
お前、何しに来たの?
北原
え、、、いや、、、


返す言葉がなかった。


社長の視線は氷のように冷たかった。

同期は僕から目をそらし、腫れものに触れまいとして黙々と練習していた。

その様子は妙にリアルだった。



北原
あれ、僕は何してるんだろう



現実世界に一気に引き戻された。

心拍数が上がり、血の気は引き、それまで感じたことのない寒気を感じた。


周りは毎日努力してどんどん成長してる。

けど僕の成長はずっと止まったままだ。


本当に何もしてこなかった。

もしこのまま何もせず月日が流れたら、、、そう考えると怖くなった。



僕は遅れを取り戻すことにした


心を入れ替え、人並みに練習もするようになり、カットや販売の技術を磨くために、自腹で本を買ったりセミナーに行ったりするようにもなった。


けれど、その程度で周囲に追いつけるほど、世間は甘くなかった。


僕が一歩進むと、周りも同じように一歩進む。

みんなの背中は、近いようで遠かった。


北原
みんなを見返したい!
けれど、何かが足りない。。。


そう思いつつも、何が足りないのかわからず悶々としていたある日、僕は1冊の本に出会った



1冊の本との出会い



サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

著者の北原 孝彦さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。