1億円を稼ぐ「哲学者」が語った新時代の儲かるビジネス4原則とは?

1 / 10 ページ

初めまして、著者の平野久信(ひらのひさのぶ)です。

この度は、本書を手にとってくれて本当に有難うございます。


あなたにまずお伝えしたい事。それは、タイトルの、

【1億円を稼ぐ「哲学者」が語った新時代の儲かるビジネス4原則】


は、嘘でも、机上の空論でもなく、


今、リアルタイムに目の前で起こっている

ビジネスの現場の話しであり、


これが新時代の成功の条件、原則だという事です。



なので無料で読めるからと言って、決してナメないで、

・しっかりとメモを取るか、

・ハイライトを引きながら


読み進めて行って欲しいと思います。


また、本書は、インタビュー対談形式の会話調で書き綴っています。


本文を読み始めると、まるで私達の隣で話を聞いているかのように

スルスルと読み進める事ができ、


あっという間に読破する事ができるでしょう。




しかしながら、その読みやすさを優先して編集したので、

基本的にはすべて、会話調の文章校正になっています。


そこは、予めご了承いたきたいと思います。




最後に、


本書の発売を記念して、購入して下さった方にはもれなく、


「97%利益ビジネスの作り方」セミナー動画を
プロフィール欄よりプレゼントしています。




まずは、本文を読んでから、次に、

無料で【セミナー動画】をご覧になってみて下さい。


きっと、本書で得られる沢山の「気づき」を実践する為の

ノウハウや、ヒントを得ることが出来るでしょう!


それでは、あとがきでお会いしましょう。

引き続きよろしくお願いいたします!



平野久信(ひらのひさのぶ)




<< 気になる対談のお相手紹介 >>

織田 武(革命研究者、起業家、コンサルタント)


沖縄県宮古島出身。早稲田大学フランス文学部。

一橋大学大学院博士過程。パリ第 8 大学博士課程。 

20 代を革命と文学と哲学の研究に没頭する。 


30 歳のとき、資金が尽きて、フランスで餓死寸前になって、無料ブログをから、起業。


ビジネスで身を立てようと思ったことがない「完全ど素人」であったため、月収 30 万円

以上の収入に到達せず。しかし、あるとき、自分がやってきた「革命」と「文学」が現状


打破の武器になることに気づく。


月収 30 万、150 万円、300 万円の壁を乗り越え、無料ブログからニッチビジネスで1億円以上の

ビジネスを構築(当時流行っていたあやしげな「ネットビジネス」ではない) 


ここで手に入れた思考により、ライブイベントを 2000 人集客に成功。コンサルタントとして筋トレ、ヨガ、自己啓発、能力開発、英語。さまざまなビジネス構築に関わる。 

活動 2 年で 10 億円以上のビジネスの売り上げに貢献。


現在は、個人が小さなビジネスを生み出し、育てるための、

真の思考法を開発・伝授することに活動をしている。





目次:

<< はじめに >>

<< 気になる対談のお相手紹介 >>

<< 本文 >>

<< 1番目の原則 >>

<< 2番目の原則 >>

<< 3番目の原則 >>

<< 4番目の原則 >>

<< あとがき:セミナー動画プレゼント >>

<< 著者プロフィール >>




平野:皆さん、始めましてこんにちは、コンテンツプロデューサーの平野久信です。

今日は、ぜひ皆さんにお伝えしたいお話がありまして、ビジネス革命クリエイターの織田さんとお話をしていきたいと思います。それでは織田さん、よろしくお願いいたします。


織田:よろしくお願いします。


平野:今日、ぜひお話ししたい事というのが、実はわたくし、この前テレビを見ていまして、「儲かるビジネス4つの原則」という話を聞いたんですね。

それはどうも、以前に堀江貴文さんが唱えられている儲かるビジネス4つの原則というのがネタ元になっているらしく、それはそれで確かにごもっともな話しだとは思ったのですが、


でも、改めて、それについて考えてみた時に、「ちょっと、今はもう違うんじゃないのかな?」と、違和感を感じてしまって、それで、すぐに織田さんに質問してみたら、

「いや、もうそれは違いますよ。」って、あっさりとお返事があったので、

今回はズバリ、それを聞きたいなと思ってるんですよね。


織田:なるほど。



<< 1番目の原則 >>

平野:それで、早速本題に入りたいんですけども、この原則というは4つありまして、

1番目が利益率の高いビジネスを選べ。というのが条件だという風に言われているんですが、これについて織田さんはどう思いますか?


織田:それはさ、利益率高い方がいいに決まってるよね。


平野:まぁ、そりゃあ確かにそうですよね。笑 確かに確かに。


みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。