30代半ばのオッサンが起業した話 破綻編

1 / 2 ページ

前編: 30代半ばのオッサンが起業した話 最終回
後編: 30代半ばのオッサンが起業した話 破綻編2



前回の最終回を書いてから、どの位の月日が経っただろうか?

その後、社員を雇い、都内に事務所を構え、ポルシェに乗り、順風満々に思えた。


その兆候は、先ずアプリの収益に現れる。

ずっと倍々で成長してきたアプリの売上が鈍化し始める。

その時期と同じくして、固定費がかさむ。

一人で稼いだ内部留保(会社が保持するキャッシュ)は割と潤っていたが、少しづつ減っていく。

2015年の秋くらいから、内部留保も無くなり、社会保険料の滞納も。


今まで思い通りに出来ていた事が、少しづつ、本当に少しづつ狂い始める。

そして、それが始まると、自分で全くコントロール出来なくなる。


受託案件で立て続けに、一方的に契約解除を言い渡される。

目標を立てれば必ず達成出来る、出来てた。それが出来なくなる。


物事に優先順位を付け、すぐに実行に移す。

どんどん色んな事が億劫になり、それが出来なくなる。


数年前に読んだ『社長失格』という書籍。

他人事のように読んでいたが、自分にフラッシュバックする。


毎月毎月、資金が足りない。

「また足りないのかよ。。。」

自分でもうんざりする。


それでも、起業して軌道に乗せた自負もある。

それが邪魔したのかもしれない。


過去の栄光はどこに行ったのだろうか?

少しづつ、それは着実に。

着実に今まで築いてきたものが蝕まれていく。


ちなみにだが。

4期目の決算は散々な結果だった。大幅な赤字。

税理士に『こんな決算書、見たことない』と言わせる程。

そして、5期目も割と大きな赤字で終わった。


破綻への第一歩

2017年4月21日(金)

休み明けは給与日。また資金が足りない。

みんなの読んで良かった!