30代半ばのオッサンが起業した話 破綻編2

1 / 3 ページ

前編: 30代半ばのオッサンが起業した話 破綻編
後編: 30代半ばのオッサンが起業した話 復活編


Xデー

2017年4月25日(火)

この日が何の日かを覚えているだろうか?

北朝鮮との緊張が高まり、ミサイルを発射され、そのまま戦争に突入する日、Xデーと言われていた事を。

奇しくも弊社(woodsmall)にとってXデーとなるとは。。。


メインバンクへ

朝一でメインバンクに出向く。

営業担当宛てに行ったが出てきたのは昨日電話で話した支店長だった。

メインバンクで担当の営業以外の人と会うのは初めてだ。


早速、差押書(厳密には差押調書謄本)を見せてもらう。

送り主は年金事務所。未納分の社会保険料が一覧で記載されてある。

原因は7ヶ月程度の社会保険料の滞納があったから。

ここで銀行側から別の書類を出されて捺印を促される。

書類の内容は、貴社への貸した金の月々の返済額等は、一旦白紙とする。尚、差し押さえが解除されてから改めて、保証協会と協議の上、返済額等を決めることとする。

そんな感じ。要は、銀行側からすればいつでも貸しはがしが出来ますよ、という内容。


銀行側には「何としても年金事務所からの一括返済だけは避けてください。ここまで強行にくるということは、一括返済を要求してくることも十分考えられます。」と言われた。

進展があったら、随時連絡を取り合う事で銀行を後にする。


年金事務所へ

その足で年金事務所へ。

早速担当者と話をする。

いつもの担当者と。


年金事務所側からすれば、社会保険料の滞納は、どうしても許せない。とのこと。そりゃそうだ。

でも、こっちとしても払いたくても払えない。払う為の原資が無いのだ。重い空気が流れる。

結局2時間睨めっこが続き、1ヶ月分を払う事で、差押えを解除する、という事で落ち着く。

今日中にメインバンクへの差押え要求を引き下げる手続きはしてくれるとの事。

後日、滞納分の返済計画を提出する事で今日は終わった。


正直、1ヶ月分を何の支払いを遅らせて支払うか頭の中でグルグルする。


自社へ

腹が減った。昼飯の時間だ。

メインバンクに電話をする。年金事務所とのやり取りを一通り説明する。

「それで納得してくれたんですか?」と、支店長が納得がいかない様子。

とにかく、これで一歩前に進んだのだ。電話を切る。


みんなの読んで良かった!