口下手童貞少年、ナンバーワンホストになる ⑦ 悲しきヒモ編

1 / 8 ページ

人生初の指名。自分史に残る快挙だった。

街でパレードをとりおこないたい気持ちだったが・・・


そんなに甘くなかった。


5万程度売り上げを上げたところで、30%バックが貰えたとしても1万5千円。

そこから地獄の税金+地獄の旅行積立金が入れば給料どころかマイナスである。


人生初の快挙に酔いしれる事もできなかった。

そんな状態では指名をとったとはいえ一瞬・・・

所詮、自己満足であった。


その週の定休日に私はまたYと食事に行った。

そして食事が終わった後、以前の様にYの家に上がった。


それまでの間にも、電話で連絡はとっていたのだが……

定休日までの間に、私の気持ちに変化が起きていた。




店に来店した時の


「新規料金じゃなくていいから。」


というホストという職業を分かってくれた上での気遣い。

ちょっと強気な、いきなり


「後30分ぐらいで着くから。」


というようなギャップなどにより・・・好きになりかけていた。


その日から私とYは付き合うようになった。

一年前の私が、想像もしないぐらいの年上の彼女だった。


その日は緊張で上手くいかなかったが、いつしか・・・

童貞からの卒業式が執り行われていた。

尾崎豊の「卒業」が頭の中でリピートしていた・・・。


その定休日以降、私はYの家に毎日帰る様になった。

その理由は、付き合う事になったという事もあるがもう少しダサイ理由もあった。


1、お金がなくご飯を食べるお金がない。

2、その頃は寮に入り浸っていたが、寮にいるとパシリに使われる事が多い。

みんなの読んで良かった!