40才からの成り上がり

1 / 3 ページ

社会に出てからのこの約20年、一体ボクは何をしてきたのだろう?


「誰かを幸せに出来たか?

「誰かの役に立つことが出来たか?」

「自分がこの世に生まれてきた証をなにかひとつでも残せたか?」


平成25年7月10日、ボクの親父は睡眠薬を飲み川に飛び込んで自殺した

63才で、自分の人生を終わらせる決断をしたのだった


死ぬ前に、母親の携帯に電話があったそうだが、母親は冗談だと思い、取り合おうとはしなかった


父親と母親は、ボクが17才のときに離婚している


離婚してからも、ときどき二人は合っていたらしく、子供達が自立してからは、お互いの家を行き来していたらしい



東日本大震災のときは、一週間連絡が取れず心配したが、結局2人避難所で寄り添っていた



ボクが小さい頃、親父と母親で飲食店を経営していたが、ボクが8才のときに経営が苦しくなり店を閉めて借金だけが残った


それからというものの、昼ドラにありがちな、親父は酒に溺れ職を転々とし、ろくに働こうとはしなかった

母親は、僕ら兄弟を育てながら働き、無理が祟り足を悪くした



いつもお金がなく、電気・ガス・水道なんかはしょっちゅう止まっていた

借金取りが家に来ると、ボクが出て行かされ、「居留守」の片棒を担がされた



真冬に電気が止められ、蝋燭の火だけがゆらゆら揺れている静寂のなか、一家五人で黙々と少ないおかずを分け合って食べていた




日本の平均以下の家族だった



そんな子供時代のボクはいつも「妄想」のなかで、お腹いっぱい好きなモノを食べたり、病気が治っていたり、将来の幸せな自分を思い描がきながら、自分自身をコントロールしていた



みんなの読んで良かった!