40才からの成り上がり 第2話

3 / 4 ページ

この19年間、自分の生きたいように生き、誰にも迷惑をかけず生きてきた彼女は、最後まで家族に迷惑をかけずに天国に旅立った




ボクは彼女の目を閉じてをそっと抱き上げた



家族にたくさんの思い出と優しい心を与えてくれた



ありがとう、家族になってくれて本当にありがとう…



情けない親父でゴメンな

オレ、もっともっと頑張るから




社会に出てから、この二十年僕はいったい何をしてきたのだろう


誰かの役に立っていたのか?


誰かを幸せに出来たか?


自分がこの世に生まれてきた証を何かひとつでも残せたか?



気がつけばあっという間に、人生の半分が過ぎていて


どんなに辛いことやしんどいことがあっても、日々時間は過ぎていく


そして過ぎた時間はもう取り戻せない


人は自分の為よりも、誰かの為のほうが頑張れる


誰かがそんなことを言っていた



子ども達は大きくなっていき、自分の人生をそれぞれ自分の足で歩き始めていく



19歳で右も左も分からず、田舎を出てきた僕ら。自分が死ぬとき、一緒に付いてきてくれた彼女に

「幸せだったよ」と言ってもらえるように

残りの人生、必死に頑張ろう。そう僕は誓った







親父さ…



そういえば、一度も一緒に酒飲んだことなかったな



オレがあの世に行ったら、一緒に飲もうぜ



ゴメンな





最後まで読んで頂きありがとうございました

ボクと家族の人生記が載っているブログ

「失業したけど、なにか?」はコチラ

http://situgyohoken.net/




















































著者の佐藤 龍星さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。