最愛のビッチな妻が死んだ 第8章

1 / 2 ページ

前編: 最愛のビッチな妻が死んだ 第7章
後編: 最愛のビッチな妻が死んだ 第9章

交際9日目 2月26日

今日、僕は初めて太一さんと会う。その親友のヤスシさんにも。仕事を終えた僕はあげはとともに指定された渋谷のバーへ向かった。

「後ほど」

「会うのが楽しみなのは初めてって。うれしいわ」

「今日は卒アルゲットのために電話かけまくり、久しぶりにマスゴミ仕事を……」

「マスゴミww」

「自分で認識してるけど、向いてないな~。こなせるけどw」

「あは、見てみたいな。こっそり」

「ぼち池袋だから、21時半前には到着できると思う」

「言っとくけど、ドラムの友達めっちゃ可愛いよ」

「たとえかわいくても、あげじゃないし」

どんな美女でもタイプでもあげはじゃない。似ている、似ていないの2つに分けたとしても、僕が求めているのはあげはだけだ。

「緊張とか、する?」

「うん、いつもしてるよ。今も」

「いや、太一と会うのが」

「今はドキドキよりワクワクもあるかも。正直、僕の知らないあげを知ってるのは羨ましいっつか……悔しいかな」

「これから共輔しか知らないあげが盛り沢山よ」

「あげしか知らない僕も、ね」

緊張よりも興味が優っていた。太一さんは人見知りな僕をフランクなノリで迎えてくれた。

「いらっしゃい。おっ、そのデニム、CUNEやん」

ウサギが入ったGパンにモヘアセーターという出で立ちもイジってくれるくらい、滑り出しから順調だった。

仕事のこと、あげはとのこと、自己紹介がてらの自分のエピソードを話し合った。当時、ヤスシさんはあげはのことがまだ好きだったらしく、まだ当たりがキツかった。

この日から、太一さんは僕たちのことをいつも見守ってくれた。僕とあげはの喧嘩も、僕やあげはが落ちていた時もずっと。世間的に偏った慰め方もあった。僕の中では「頼れる兄貴」であり、「心許せる最高のお父さん」で、家族であることは今も変わらない。

全員が思っていることはひとつ、「あげはを幸せにできるのか」。

そして、僕たちは日暮里のあげはの家から少しづつ、あげはの荷物を僕の家に運び出した。

あげはのSNSには、2人で映った影の写真とともに「あと空の写真とラテアートの写真があれば完璧な痛い子になれる」と綴っている。コメントの「2人の人差し指と親指で作ったハート」のリクエストにも応じた。

僕たちは幸せのジェスチャーではなく、幸せの中にいた。

交際11日目 2月28日

前日、僕の知り合いのライブを観に行った。そこであげはをちゃんと「彼女」と紹介しなかったことをあげはは怒っていた。

「寒い? 大丈夫?」

「機嫌は悪いよ!」

みんなの読んで良かった!