最愛のビッチな妻が死んだ 第10章

1 / 2 ページ

前編: 最愛のビッチな妻が死んだ 第9章
後編: 最愛のビッチな妻が死んだ 第11章

交際16日目 3月5日

僕はまだ日暮里に行く車中にいた。

「僕の誕生祝いにギターかアンプかくれるとか」

「誕生日祝い合うのね」

「毎年」

「orangeのアンプがいい!」

「オレンジの、一緒に大久保見に行こうか?」

「アンプ、聞いてみよか?」

「いやいや、共輔が欲しい物もらいなよ」

「ほしいものか…」

「新妻?」

「もういる」

「妾」

「あげで満ち足りてるから、ほしいもの浮かばないな」

本当に幸せな時はほしいものがない。あげはがそばにいれば、僕は十分に満たされていた。

「ただいま実家。jetstarが今セール中」

「沖縄?」

「結構どこでもある」

「車か飛行機か……2人一緒ならどこでも行けるね」

照れる、愛してるのスタンプがきた。

「どこがいいかな~」

「全部行くから」

「まずは、って感じだね」

「シラミ潰しやな」

「言い方やだなww おいしいもんあるタイミングとか、キレイなもん見れるタイミングとか見つつ」

「たしかにw 敵を殲滅させる時に使う言葉ですな。一緒にキレイな風景見たり、おいしいもの食べたり、幸福過ぎて怖いな」

「うまくいってるのは、合ってる証拠だよ」

「いつもありがとね」

「これからもよろしくね」

スタンプの応酬の後、なぜかフライパンの画像がきた。

「太一がもう嫁に行ったものと思ってるから、好きな物持って行っていいよと、これでパンケーキにありつける」

僕は歌詞を2曲送った。

「RCサクセション『I LIKE YOU』、コレと『Oh!Baby』を最近思い出す。いつも感謝してる」

「じゃあテーマソングにしよう」

「いいね。あげ側のは?」

「oh!BABY通り、作る。ピーチ姫(あげはのギターの名前)をお引っ越しだ!」

「ギターとペンを持って、あげのための歌を」

「まずは……ギター教えないとねww」

あげはからも歌詞がきた。CHARAの『私はかわいい人といわれたい』だった。

「チャラか…」

「え、離婚してるから縁起悪い?」

「エロいっていうか情念感じる。普通に好きだよ」

「あは、そうか。今考えて一番最初に浮かんだのがこれで」「でもやっぱwyolica全般がリリック関係なく。テーマソング」

「ワイヨリカで盛り上がった人、初めてだな」

僕は空気を読まずもう1曲、大好きな歌詞を送った。RCサクセション『君が僕を知ってる』だ。

「好き」

「あげもだよ。まだきっと知らないところがお互いあるので、もっと知りたいと思うよ」

「知られ過ぎて嫌われたくない部分もあるけど、ウソはつかないし、あげのことは全部知りたいな」

「まったく同じくだね」

「……ありがと。幸せ過ぎて騙されてるんじゃないか、刺されるんじゃないかと心配」

僕はいっつも未来に対して希望を抱けなかった。失望や絶望するくらいなら、最初から明るい未来を描かなければいいと信じていたのだ。

 

「あげを疑う気持ちはないんだけど、幸せ過ぎて怖い」

「もっと怖がらせてあげよう」

「あげは、どう?」

「幸せだけど怖くない」

「よかった」

「なんかこう、今までこうではなくてはならないって思ってたことが、緩和された。うまく言えない」

「あげと一緒なら、どうなっても怖くはないよ」

「バンジーだ!」

「…それはちょっと。宗教上の理由で」

僕は大の高所恐怖症だ。ちなみに虫や蓮コラも苦手だ。

「共輔と知り合ってから大人になった。これでもww」

「もっと、どうだったのかな?」

「性格が悪くて、計算高かったし、まぁ性悪でビッチだったよ。要求も高かったし、それに応えないとかあげの辞書にはなかった」

「ビッチな感じがしないけどな」

「それ言われるの何回目かな」

「初回からずっとだね」

「ビッチは性悪やヤリマンや、いっぱい意味がある言葉だよ」

「あげは今、ビッチではないよ」

「知っている」

「それがすべてだよ」

「ありがと」

「でも、ビッチだった自分も好きよ」

「全部ひっくるめて、あげだしね」

「うん」

「共輔は、どんな人なのかな。優しくて思い遣りがあるとこ以外まだ見てないな。嗚呼、仕事モードの時は意地悪か」

「僕、好きな人に対してはあんまり変わらないよ」

「実は言ってない性癖とかあるなら言ってね。というかしてね。あげはもっと噛まれたり、舐められたりしたい。したければ」

「いいよ。あげが喜んでくれるのが一番うれしい」

「でもたまには自分勝手なセックスをされたい」

「わかった」

「好きだーー!」

「僕の方が好きだよ」

「それはどうかな」

「いやいや、負ける気がしないな」

「間をとって、タイということで」

「仕方ないな…」

「共輔……働いてる?」

「原稿執筆中だよ」

断っておくが、一応ちゃんと、真面目に仕事には従事しながらのラブラブLINEだ、

「そっか。早く終わらせてくれば良いのにと思っていた。ニャンコに紹介したい人がいると、伝えてある」

「っと、今日かな?」

「今度でもいいよ。でも早く会いたいって」

「10時前には終わらせる予定。実家に行けばよいのかな」

ニャンコの動画が送られてくる。

「モフモフ、気持ちよさそ」

「あげは俺が見とくから安心して。って言ってる」

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。