最愛のビッチな妻が死んだ 第10章

1 / 6 ページ

前編: 最愛のビッチな妻が死んだ 第9章
後編: 最愛のビッチな妻が死んだ 第11章

交際16日目 3月5日

僕はまだ日暮里に行く車中にいた。

「僕の誕生祝いにギターかアンプかくれるとか」

「誕生日祝い合うのね」

「毎年」

「orangeのアンプがいい!」

「オレンジの、一緒に大久保見に行こうか?」

「アンプ、聞いてみよか?」

「いやいや、共輔が欲しい物もらいなよ」

「ほしいものか…」

「新妻?」

「もういる」

「妾」

「あげで満ち足りてるから、ほしいもの浮かばないな」

本当に幸せな時はほしいものがない。あげはがそばにいれば、僕は十分に満たされていた。

「ただいま実家。jetstarが今セール中」

「沖縄?」

「結構どこでもある」

「車か飛行機か……2人一緒ならどこでも行けるね」

照れる、愛してるのスタンプがきた。

「どこがいいかな~」

「全部行くから」

「まずは、って感じだね」

「シラミ潰しやな」

「言い方やだなww おいしいもんあるタイミングとか、キレイなもん見れるタイミングとか見つつ」

「たしかにw 敵を殲滅させる時に使う言葉ですな。一緒にキレイな風景見たり、おいしいもの食べたり、幸福過ぎて怖いな」

「うまくいってるのは、合ってる証拠だよ」

「いつもありがとね」

「これからもよろしくね」

スタンプの応酬の後、なぜかフライパンの画像がきた。

「太一がもう嫁に行ったものと思ってるから、好きな物持って行っていいよと、これでパンケーキにありつける」

僕は歌詞を2曲送った。

みんなの読んで良かった!