最愛のビッチな妻が死んだ 第11章

前編: 最愛のビッチな妻が死んだ 第10章
後編: 最愛のビッチな妻が死んだ 第12章

交際16日目 3月5日


お昼の12時、初の実家を後にし、僕たちはいってらっしゃいのキスを交わした。


「ありがと。太一さんにもよろしく」

「ニャンコに紹介できてよかった」

「あげはがいるからか、初めてじゃないぐらい居心地よかった」

「あげもよ。ニャンコもまた逢いたいと」

「早く名前覚えたいな」

「ウチにきたことある人の中で一番覚え悪かったww」


僕はこの時点ではまだ、5人のニャンコの名前と顔が一致していない。


「家族だから似てるしね。またきてね」

「近いうちに荷物取り行くしね」

「うん嫁入り道具♡」

「太一さん、泣くかも……花粉症で」


軽口ならぬ、軽スタンプのやり取りをしながら、あげはは僕のためにカレーを作っていてくれた。あげはは本当に家庭的で模範的な妻だった。

「料理が得意」とは言わずに、いつも「料理が好きなの」と言っていた。製菓学校にも通い、病んでる時や喧嘩してる時にも、「ストレス解消!」と毎日料理を作ってくれるあげはのごはんはおいしく、慢性摂食障害の僕に吐くことをやめさせてくれた。


「カレースパイス、いい感じに熟成してるーー。これは、カレー屋さんやるしかないな」

「カレー屋……名前は?」

「大喜利⁉」

「好きな名前あるのかな~と思って」

「幼妻? とか。付け合わせは土手煮とポテサラ」

「食べたい」

「酒に合う食べ物かーー。家でお酒呑まないから、あんま考えたことなかったな、と思って。なんか一日中食うこと考えてるな」

「ごはんに合う食べ物でよいよ」

「なめろう食べたーい。共輔が釣ったアジで」

「釣り行くか!」

「行くーー!」


あげはは僕の意外な釣り好きをSNSで知っていた。ハマっていた時は年に5、6回釣船に乗り、アジやサバなどを釣っていた。出張のついでに釣りに行くくらいには好きだった。

夕方前に僕は仕事をあげはに会いたい一心で早めに終わらせ、帰宅した。


「着いた。友達からもらった土産の明太子、冷蔵庫入れたよ」

「あー、寝ちゃってた。明太子ありがと」

「スーパーミルクちゃん、DVDはあるの?」

「全部あるよ」

「久しぶり観たいな」

「持ってくーー。DVD見付からんかったら、今度荷物取りにきた時でもよい?」


あげははアニメの「OH!スーパーミルクちゃん」が大好きだった。僕もケーブルTVに入ってた時代によく観て好きだった。実家に言った時にグッズが飾ってあったのを思い出した。

レアなもので好みが一致することは2人のカップルにとって、盛り上がる材料だ。好きな人にプレゼントをする、喜ぶ顔を観るのが好きな僕はヤフオクでミルクちゃんグッズを探していた。


「ウクレレ、レアなんかね。ギターは見つかるけど、ミルクちゃんピックぐらいしか見つからないな」

「ピック!?  持ってない。ツラい新事実」

「危うく、ミルクちゃんDVDBOX買うとこだったわ。ピック、いる?」

「いる!」

「買っとく」

「わー。明太子写真を未開封でいいから、ちょうだいな」

「了解」

「お礼状書かなきゃ」


もらった土産には「北原あげは」様宛になっていた。


「嗚呼!萩の月と並ぶあげの大好物銘菓、通りもんが!

「よかったね~」

「おいしいお米で食べたいな。明太子」

「地元のなんかね」

「北原あげはだって、えへ。甘酸っぱいな。彼氏の名前をイタズラ彫りしてた時みたいだ。ヤンキーだったあのころ」


あげはのいつもの軽妙なボケにもかかわらず、僕は別の感情に忙しかった。見えない元カレへの嫉妬である。


「……って寂しいからツッコんでよ。薄化粧で幸薄く心療内科へ。DVD発掘ならず」


安心した僕はやっとあげはに返事をした。


「や、ヤンキーなん?」

「そうだよ。毎日ケンカしてた。ケガが絶えなかったね。積み木くずしの様な日々。シンナー吸ってた」


僕はあげはは学校生活で浮いてただけでヤンキーとは違うと思った。自分から社会に早く出たあげはは、同世代の誰より大人であり、子供でも乙女でもあったと思う。


「今は親の仕事を継いで塗装業」

「ご苦労様です」

「今PCの前? 『アンダ別邸』ってどう?”」

「名前? ホテル名?」

「ホテル名」

「パソコンの前だよ」

「ベロベロになったらバリアンに泊まろうかと」


僕たちは何度もバリアンに泊まった。玉を食って「いつもと違うSEX」をしたり、2人で夜が白むまで語り合ったり、用途は様々だった。


「話が140度変わるけど、カラオケ行きたい」

「行くかい?」

「どちらに?」

「バリアンとカラオケ」

「わーい。行こう行こう。マゾから進呈された勃起飴を舐めながら」

「本棚の位置の相談と、神棚の手ぬぐいをどれにするか相談したな」

「したな!? 誰と?」

「したい。です」

「嗚呼、タイプミスか。脅されてるのかと」


僕の家には簡易の神棚があった。昔から神社の空間とお守りがなんか好きで、兄貴から離れた時に気休め魔除けにと神棚まで買ってしまっていた。特になんの宗教も信じてないし、特に新興宗教は大嫌いである。


「てか、気が狂ったのかと。大丈夫よ、アタシ達には一生分の時間があるし」

「了解。帰ってきてから相談しよ」

「うん。組み立てて本も並べよう」

「箱の開封だけしたよ」

「お疲れ様です。あー、かわいい服着たい。結局家出た時と同じ格好だわ」

「あげはいつもかわいいよ」

「かわいいうえに?」

「好き」

「形容詞で!」

「おもしろい」

「いいでしょう! 病院間に合った。病院終わったら薬局でクレアラシル見て、大江戸線で東新宿行くわ。共輔は?会社は?」

「会社から連絡ないから、そのまま直行しようと思う」

「そっか。よかった」


この日はあげはを土産をくれた僕のかつての友人と雑誌の編集者に紹介する予定だった。


「診察終わったよ。心療内科に来るとペースが狂うからやだ。否が応でも具合悪くなる」

「大丈夫?」

「大丈夫。早くいいコいいコされたい」

「会って2秒で、いいコいいコするわ」

「会って2秒までは何すんの?」

「チュー」

「素敵」


めずらしく酒に酔った2人は一次会の飲み屋、二次会のカラオケでも人目を憚らずベッタベタで、後ほど「幸せになってな」とのLINEとへべれけ写真がいっぱい送られてきた。

続きのストーリーはこちら!

最愛のビッチな妻が死んだ 第12章

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。