最愛のビッチな妻が死んだ 第12章

1 / 3 ページ

前編: 最愛のビッチな妻が死んだ 第11章
後編: 最愛のビッチな妻が死んだ 第13章

交際18日目 3月6日

前日の酒で潰れていたあげはを寝かせて家を出たため、この日は行ってらっしゃいのキスはなしだった。

出社途中にあげはからLINEがきた。

「起床」

「おはよ」

「んー、お見送りできなかった分、お帰りのチューいっぱいする」

「夜ごはん何食べたい? 買い物行くよ。飲み物ないし」

「ミネストローネと……」

「ハンバーグとかは? 卵使わなきゃだし」

「いいね。おいしそ」

「あ、鍵も作りに行こーー」

「カギ、完全に忘れてたねw」

「え、いつも考えてたよ! でも、共輔と同じとこで作りたかったから」

「カギ屋さん見ると思い出してはいたんだけどね……あ、眠気がきた」

「あんま寝てない? 花粉症の怠さ?」

「花粉症の薬が効いてるのか、会社に行きたくないのかw」

「全部だなww」

毎週行われるネタ出し企画会議がイヤだったのかもしれない。あげはに相談するとドラッグネタとともに「白い粉」だらけの画像が送られてきた。

「ゴミ箱が花まみれっぽくなってしまったww」

「花?」

「コカインの隠語だよ。ガンジャが野菜か山田さん、コカインが花か小久保さん、エクスタシーが多摩川さん。早いのは林さんかな」」

僕は痩せていて服装が地味じゃないせいか、よくシャブ中に間違われる。職質もよく受けるが、取材や周りにジャンキーがいたせいか、ドラッグは身近な存在だったが、あげはに言わせると「何も知らない」レベルだった。

僕たち2人はたまにドラッグもやったが、周りが信じないぐらい数えるほどしかやってはいない。ドラッグがなくても十分に毎日多幸感に溢れた夫婦だったから。

もしやる時は2人一緒、隠れてはやらない。これが僕たちのルールだった。

そんなウブだった僕はいま、あげはと同じ処方箋や寂しさの結晶の様な違法ドラッグに頼っている。1人で。

寂しさも孤独も消えないが、太一さん曰く「下を向いていた気持ちが少しでも前を向けるならいい」。昔から、小林家・北原家のルールは「ルールは破ってもマナーは守る」だった。

「ウチのゴミ箱かと思ったわ」

「いや、ウチのゴミ箱だよw 苺大福の粉が」

「よかった(笑)。流れだけに心配しちゃったよ」

「買い物ちゅー。今日も全力で好いているよ」

あげはは宣言通り、渡してある合鍵を持って、僕が作った近くのカギ屋を訪れていた。

「マスターじゃないからもしかしたら合わないかもって言われたーー」

「カギ? マスターキーだと複写ムリなん?」

「あげが持ってるのがマスターじゃないって。大家が持ってるんじゃない? マスターキー」

「大家からそのカギしかもらってなく、そのカギでコピー作ったから大丈夫だ」

みんなの読んで良かった!