最愛のビッチな妻が死んだ 第19章

1 / 3 ページ

前編: 最愛のビッチな妻が死んだ 第18章
後編: 最愛のビッチな妻が死んだ 第20章

交際29日目 3月17日

 昨日の夜中から、あげはは朝ごはんを悩んでいた。

「クリームシチューとバジルのパン、フレンチトーストで、悩んでる」"

「朝ごパンの話」

「どっちがいい?」"

「フレンチトースト!」

「御意ーー」

「クリームシチューは夜!」

 あげはお手製のフレンチトーストを食べ終えた幸福感のまま、僕は出社した。今日の行ってらっしゃいのキスは味もフレンチだ、

「てらーー」

「行ってきます」

「いってらっしゃい王子。姫は圧力鍋とかプランター取りに行こうかなー」

「あげの姫はよいが、僕の王子はどうなんだw」

「じゃあ、殿?婿殿」

「ナウシカみたいだな」

「バルス」

「…それはラピュタやな」

「情報が錯綜」

「今なら、35歳の家庭教師がみっちり、じっくり付きっ切りで教えます」

「ムーミンも課題では?忙しいな」

 この時点でラピュタはもちろん、ムーミンのDVDも全巻家にあったのがバレていた。

「あと、はだしのゲンとクッキングパパとうしおととらと…資料。資料ですね」

みんなの読んで良かった!