愛猫【あいびょう】、ウゲゲ天野【あまの】と過ごした十年間の物語 (3)

1 / 3 ページ

前編: 愛猫【あいびょう】、ウゲゲ天野【あまの】と過ごした十年間の物語 (2)
後編: 愛猫【あいびょう】、ウゲゲ天野【あまの】と過ごした十年間の物語 (4)

第二章「ウゲゲ天野」犬小屋に住む

 十一月の下旬。

 その頃は、畑道に行き、ウゲゲに会いに行って来ることが、家族全員の楽しみになっていた。

 長男と一緒に畑道に行った時のことだ。

 いつものようにしばらく遊び帰ろうとすると、その日のウゲゲは淋しそうな顔をした。

 長男に小さな声で話しかける。

「ウゲゲがついて来ても、家で飼うことはできないから、ウゲゲが向こうをむいている間に帰ろう」

「わかった」

「純、 今だよ、走ろう」

「オッケー」

 ウゲゲが、毛づくろいをしている時、二人で我が家の方向に全速力で走り、家の門扉の中に入って、ホッとした時だった。

 私は後ろを振り返って驚いた。

「エッ! ウゲゲがいる」

 そこには、私たちを追いかけて来たウゲゲが、勢いよく長いシッポを振りながら立っていた。まん丸い目で、こちらを見ていた。

「どうしよう……、困ったね……、このまま帰らなかったら……、飼い主さんもいるのに」

 私がそう言ってあせっている時、ウゲゲは、ゆっくりと我が家の砂利を敷いた庭の上を、歩いている。

 ツツジの木の側【そば】に座り、香りをかいだり、土の上に寝転【ねころ】がったりしていた

  だが、私たちの心配をよそに、この日は一時間ぐらいで帰っていった

 翌朝のこと。

 私が雨戸を開けて、庭を見ると、開けっぱなしだった門扉のところに、ウゲゲが前足を揃えて行儀【ぎょうぎ】良く座っている。

 私を見ると、立ち上がり

「ニャ――オ!」「ニャ――オ!」

 と早朝の近所中に聞こえるような、大声で鳴き出した。

「ウゲゲが、庭にいるよ!」

 私は階段をかけ上がり、それぞれの部屋で眠っている息子たちに教えた。

「どうしよう? 飼い主さんのいる子なのに」

 私が夫に早口で言うと、

「住みついてしまうことはないと思うよ」

 のんびりと笑いながら答える夫。

 しかし、ウゲゲは、その日どこにも帰らず、我が家の縁側にいた

 次の日も、その次の日も……。

 このままだと風邪をひいてしまう、きっと、飼い主さんも心配しているだろう。

 私は、S【エス】さんから教えてもらった飼い主さんの家に、ウゲゲを抱いて連れて行くことにした。

 我が家から歩いて五分ほどの場所にあるお宅だ。ウゲゲの飼い主のMさんは、一度もお目にかかったことのない方だったが、五十代くらいの品のよい奥様だった。

 ウゲゲを渡し、事情を説明すると、大変恐縮【きょうしゅく】なさって、かえって申し訳ないくらいだった。

 御主人と、若い御夫婦とお孫さん、それに、ワンちゃんや猫ちゃんも一緒の、賑やかなお宅のようだ。

 M【エム】さんのお話によると、ウゲゲの本名は、「兆【ちょう】くん」という。

 ウゲゲが、Mさんのお宅から出て行ってしまうようになったなったきっかけは、Mさんの御自宅の健て替えの時だったそうだ。一年くらい前のことらしい。

 家の建て替えの間、御家族全員で、隣り町に移り住んだ。この時、「猫ちゃんたちは、住み慣【な】れた場所がいいだろう」と、残して行くことにした。倉庫二つの戸を開け放し、そこに住めるようにしてあげたそうだ。

 毎日、キャットフードを届け、そのたびに、猫ちゃんたちの体調や様子を確認した。

 しばらくたち、新しい家が完成し、Mさんの御家族全員も戻って来た時のこと。

 他の猫ちゃんは、新しくなった家に住みついてくれたが、ウゲゲだけはどこかに行ってしまい、戻って来ない日が多くなった。

 M【エム】さんは心配で、夜遅くまで捜し歩いたという。

みんなの読んで良かった!