あの時、もしラーメンを食べていたら・・・②

2 / 2 ページ

前話: あの時、もしラーメンを食べていたら・・・①
次話: あの時、もしラーメンを食べていたら・・・③

知らないとだけ答えた。


ついてからも先生来てくれて。

何階何号室に行けば良いか、聞いてくれた。


エレベーターを待っていたけど。全然、全然こなくて。

いてもたってもいられず、8Fだけど。

走った。

よくわからないけど。

弟二人も一緒に一生懸命、階段を上った。


もし、今私たちが頑張って上ればお父さんはきっと大丈夫。

とか思いながら、上って。


病室に着いたら

ドラマで見る心臓マッサージを医者がやっていた。


あまりに非現実的な光景に

兄弟でぽかーんとしてると

おじいちゃんがエレベーターから降りてきた。


他の先生が「おそろいですか?」と母に尋ね。

『はい』っというと。

心マしてた先生に合図を送ってやめさせる。


やめたら、ドラマでよくみるやつ。


ピーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー。


って、鳴り続けて。

ドラマみたく

「何時何分・・・」的な台詞を先生言ってた。


とにかく、すべてがドラマのようで現実感ゼロ。


しばらく家族全員でおいおい泣いて。

その間、体から機械や管が取り外されて。


お父さんの足を見たら、象のようにぱんぱんになってた。


そして、ひとしきり泣いてお母さんを見たら。


お母さんがお父さんの顔をずっと撫でてた。


そのときは、なんとも、それを見て特別思う事はなかったけど。

今なら、わかる。


お母さんはお父さんが大好きだったんだな。






今回はここまで。私の人生ストーリーです。

もし、良かった!もっと読みたい!と思ったら【読んで良かった☆】をお願いします♪



次回も、その後のストーリーをありのまま。

前回初めて、書きましたが。vew数やFBシェアなどの数字に若干びびってます。笑

このストーリーどうなるかわからないですが、書けるところまで書きたいと思ってます!


最後までお読みいただきありがとうございました。




ストーリーをお読みいただき、ありがとうございます。ご覧いただいているサイト「STORYS.JP」は、誰もが自分らしいストーリーを歩めるきっかけ作りを目指しています。もし今のあなたが人生でうまくいかないことがあれば、STORYS.JP編集部に相談してみませんか? 次のバナーから人生相談を無料でお申し込みいただけます。

続きのストーリーはこちら!

あの時、もしラーメンを食べていたら・・・③

著者のcansanさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。