破壊と再生

前編: 炎が消えた日
後編: そして未来へ

「……うん。そう、そうなんだよ。だから、少しの間はレッスンをやってあげられないんだ」 

僕は、実の兄貴が経営している運送会社で働く事になった。

理由は、収入が落ち、心身ともに疲弊している僕を見かねて、兄貴が声を掛けてくれたのだ。 

葛藤もあったが、このままだと生活が出来ない事もわかっていた。だから、生徒さん一人一人に報告と謝罪をしていったのだ。 

気が付けば僕は、ネットスーパーの宅配ドライバーで、“なくてはならない”存在になっていた。事実上、リーダーの役職だ。 

働いた。朝から晩まで走り回った。 

最初の1年はよかった。不馴れだから、何もかもが新鮮で、どんなにクタクタになったとしても、楽しいとすら思えていた。

しかし、仕事に慣れてくると、小さな悪魔が心の中で囁き始めたのだ。 

「お前、なんでドライバーやってんの?」

「ボイストレーナーはもういいのか?生徒さんを裏切るのか?」 

「中学時代のお前が見たら泣くんじゃないか?」 

「組織の言いなりじゃないか。他人の人生を生きてて楽しいか?」 

そんな、悪魔の囁きを聞いて、僕はとても苦しくなった。

それは悪魔の“仰る通り”だと思ったからだ。

心は元気になったし、ボイストレーナーに戻れないわけではない。

しかし、だがしかし、ドライバーになって、毎月入ってくる収入に安心している所も間違いなくあったのだ。 

本心を言えば、昔のように、やりたい事だけをして生きていく人生をもう一度送りたい。

なのに、戻るのが怖い。

不安定な収入の中で、好きなことを仕事としてやるというのは、とても難しいという事を僕は知っている。

何故ならば、お金が目的になると、心のこもったサービス提供が出来なくなるからだ。 

考えれば考えるほど、僕はまた再び、元気を失ってしまった。


こんなはずじゃなかったのに。

一体、僕はなんの為に生きてるんだろう。 


暗雲が立ち込める日々を送っていると、懐かしい人から電話がきた。


ボイストレーナー時代の生徒さんだ。


「先生、めっちゃ元気ないじゃないですかー!」

「なんかカッコ悪いっすよ!昔みたいに自分の人生を生きてくださいよ!」

「僕ですか?僕は今、インターネットビジネスでめっちゃ稼いでますねー!」

「先生も、たった一度きりの人生なんだから、もっと自分の為に生きてください!」

「ではまた!」と言い終えると、彼は電話を切った。


あー……僕は何をやってんだろうな……


……よし。


僕はスマホを手に取り、急いでLINEのグループを作成した。

送ったメッセージの内容は。

「久しぶり!バンドやろうぜ!」



続きのストーリーはこちら!

そして未来へ

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。