サッカーに浸った中学時代。

1 / 8 ページ

〝ぼくの1番の輝かしいトキ〟


それはサッカーを通じて訪れました。

小学校から続けたのは唯一サッカーで

した。

理由は自分の意思でやりたいと思った

スポーツだったから。

理想の選手、夢のJリーガー。

それが中学の頃のぼくの夢。

それが叶うか叶わないかなんて正直、

どうでもよくて、その頃は大好きな友

達とプレイできることがめちゃくちゃ

楽しかった。



〝キャプテンに立候補したぼく〟

別にやりたいわけでは全くなく、

理由はいつまでも決まらないことの

雰囲気の悪化に耐えられなかったこと

や、その頃の親友に背中を押されたこ

と。

でも、この決断はのちにぼくに大きな

自信と力、チャンスをくれる。



キャプテンになったのは良かったが、

みんなの読んで良かった!