サッカーに浸った中学時代。

1 / 3 ページ

〝ぼくの1番の輝かしいトキ〟


それはサッカーを通じて訪れました。

小学校から続けたのは唯一サッカーで

した。

理由は自分の意思でやりたいと思った

スポーツだったから。

理想の選手、夢のJリーガー。

それが中学の頃のぼくの夢。

それが叶うか叶わないかなんて正直、

どうでもよくて、その頃は大好きな友

達とプレイできることがめちゃくちゃ

楽しかった。



〝キャプテンに立候補したぼく〟

別にやりたいわけでは全くなく、

理由はいつまでも決まらないことの

雰囲気の悪化に耐えられなかったこと

や、その頃の親友に背中を押されたこ

と。

でも、この決断はのちにぼくに大きな

自信と力、チャンスをくれる。



キャプテンになったのは良かったが、

ぼくは誰よりも下手くそだった。

それまでは本当にボールを蹴っている

くらいの感じ。

だから、キャプテンになってまず初め

に意識したのが自分の技術向上。

キャプテンで試合に出ていないのなん

て考えられなかったし、悔しかったか

ら。

だから、みんなと同じ練習だけど、

みんなのから3倍はその練習を繰り

返した。

とにかく量しかないと思ったからだ。

雨の日の筋トレや雑巾掛け、階段の上

り降り、短距離や長距離、ミニゲーム

まで愚痴なんて全くなかった。

日々、自分が上手くなることだけを考

えて全力で取り組んでいた。

それができたのも顧問への信頼があっ

たということもある。

彼の口癖は『練習を頑張ったやつを試

合に出す。』や『私生活がプレイに出

る。』だったのを今でもはっきりと覚

えている。

彼はそれを本当に守ってくれてぼくら

の誰も贔屓にはしなかった。年代さえ

も関係なかった。

そして、彼はぼくらをちゃんと見てく

れていた。

だから、ぼくらも彼を信じ、慕いまし

た。

信頼し合うこと。

団体競技で特に大切なこと。


〝習慣化〟

いつの間にかぼくは試合に出ることが

当たり前になっていった。

努力の結果なんてこれっぽっちも考え

ず、当たり前になっていた。


みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。