年上の妹

1 / 8 ページ


「お姉ちゃん、行っちゃヤダ!」
 耳をつんざくような大声が、後ろから飛びかかってきた。
 他の生徒はぎょっと振り向いたが、私には分かっていた。
 マツウメさんだ――。

----------

 十五年以上前、中学二年生の夏のこと。
「あっちぃい~」
 クソとつく程に輝かしい日射を浴びながら、コンクリートの道を歩いていた。
「俺さー、パン屋希望したんだけど? 何で介護なんだよ、ざけんな」
「私カフェ」
「ウチ幼稚園」
 私が通っていた中学校では、『職業体験』が通過儀礼のように用意されている。華々しい飲食店や子どもと触れ合える私立の保育園、書店の販売員などといった現場があり、どこの職業を体験したいかを第三希望まで書ける。そして同じ職場に行くことになったメンツで班を組み、集団行動を取るというシステムになっている。とはいえ、
「介護希望に入れるヤツとかいんの?」
 コイツの発言から分かる通り、人気職と不人気職が存在する。
 人気職は当時、パティシエと保育士が同率、次点で花屋、それから飼育員だった。
 だが不人気職は今も昔もぶっちぎりで介護職。理由はいわずもがな、キツい、地味、楽しくない――。
 当然、人気職が希望欄に書かれる。選考となり、外れた者は、人の集まらない不人気職、即ち介護へ強制的に回される。
「介護希望ね。私だけど何か?」
 そう冗談めかして言うと、メンバーが一様に引いたような表情を浮かべた。
「えー!? お前、介護書いたの」
「江中さん、変わってるぅ」
「流石香奈恵氏、目の付け所がストロング(意味不明)」
「クラスで一番体力無い癖に」
 班員から猛攻を喰らってしまった。
 この介護班、私以外は全員選考落ちしたのである。
「何で介護? あ、もしかして」
 班員の一人がクスクス笑っていた。
「お兄さんが介護行ったからでしょ」
 それは事実だ。兄も選考落ちし、介護にぶち込まれたのである。だが、
「全く関係無いわ」
 兄は完全に不幸だったが、私は違った。下手に人気職を書いて変なところに回されるくらいなら、兄の体験談を聞いて少しは知れている分野に行くべきだと思ったのである。
「つーか何処で知ったのさ、兄貴が介護に回されてたって」
「先輩から。行く前、めっちゃ文句言ってたらしいよ」
「あの馬鹿兄貴」
 ついでに言っておくと、この選考、抽選ではなく綿密に行われる。希望理由を書く欄があり、何故その職業を体験したいのか・どう成長したいかなど、履歴書ばりの綺麗事&大嘘を書き連ねる必要があるのだ。
 つまり私以外の班員は、教員を騙せるような大仰な嘘を書けなかったピュアなメンツである。

----------

 到着したピュアな一行を、職業体験先の職員はべらぼうに歓迎してくれた。

みんなの読んで良かった!