最愛のビッチな妻が死んだ 第37章 骨と寝る男

前編: 最愛のビッチな妻が死んだ 第36章
後編: 最愛のビッチな妻が死んだ 第38章

僕は毎日、あげはのお骨と寝ている。

なぜ、そうしているのかと問われたら、いつもそうしてきたからとしか、答えられない。

僕たちはいつだって一緒に寝てきた。

仲良く愛を確かめ合った日、喧嘩した日、お金がなくてパンを作ってかじった日、一緒に自殺した日、救急車と警察がきた日、いつだって僕たちは2人で寝てきた。

お墓に入れて、誰かが参れるようにしてあげた方がいいと言う人もいる。
だが、まだ僕はその気になれない。ごめんなさい。まだ、僕の整理ではなく、供養は終わっていないから。また、誰かのためのあげはではなく、僕だけのあげはなのだろう。

僕は僕の添い遂げ方を見つけたい。それまでは添い寝してあげていたい。

ありがとう、少しなにかが分かりました。

続きのストーリーはこちら!

最愛のビッチな妻が死んだ 第38章

みんなの読んで良かった!