生徒数ゼロで100万円以上の赤字だった世界チャンピオンの空手教室が、チラシも宣伝も無しでいきなり100人以上になった話

1 / 2 ページ

俺は世界チャンピオン。空手でメシが食える、そんな人生を送りたい。




こんにちは!
空手家の妻、北島マリと申します。夫は21歳で全日本チャンピオンに、23歳で世界チャンピオンになった空手家です!

だから「うまくいく!」と意気込んで、空手道場を始めたのが12年前。
しかし当初、空手道場の生徒はゼロ~数人と、毎月赤字でした。


道場経営はうまくいかない、お金もないという生活。

「俺は世界チャンピオンや。俺が強ければ道場生は増える

そう信じていた矢先に、選手生命を絶たれるほどの出来事に見舞われます。

「なんでこんなに、俺は不幸なんや・・!」

その時、偶然に紹介された割烹のマスターから「うまくいかない時の原因」について、人生の基盤となるアドバイスをいただきました。

今回はその時の話を紹介させていただきます。

絶対王者と呼ばれた世界チャンピオン

俺は当時、無敗の空手チャンピオンだった。俺が膝を上げれば相手の顔面に直撃し、K.O.必至の試合ばかりだった。格闘技の専門雑誌では「絶対王者・北島」として特集も組まれたほどだ。

10代の頃から空手中心の生活をして、常に空手ができる環境を選んできた。
父親が早くに他界し、母子家庭で貧乏だった。高校卒業後は働くという道もあったが、働いてしまうと空手の時間が減るので、空手の時間を確保するために自分で奨学金の申請をして大学に進学した。
そして、空手の練習に支障がない歩合制の会社に就職。


「空手でメシが食えたらな・・。」


歩合制の会社なので、時間的に空手を続けることはできたが、営業成績が振るわなければ給料がない。
空手の時間を捻出するため必死に営業するが、精神的に限界があった。
会社を辞め、空手だけして生きていきたかった。でも母親と二人暮らしの生活を支えるために働かなくてはいけない。


そんな時、所属流派の先輩が
「空手の道場を出さないか?」
と、声をかけてくれた。


「お前に会いたいって、社長が。道場を出すために協力してくれるらしいぞ」


夢に描いていた空手だけの生活、空手でメシが食えるという人生。

先輩に紹介された会社は、俺の「世界チャンピオン」という肩書に魅力を感じてくれていたようだ。

シフト制で空手を優先させてくれるという条件を出してくれた。


俺が空手の道場をすれば、大流行するに違いない


空手の道場だけで生活をしている人を全国に数人知っている。
名高いチャンピオンたちがそうだが、俺も世界チャンピオン。

その人たちに出来て、俺に出来ないわけがない。


みんなの読んで良かった!