もう一度走る<<6>>

我が家に来てから20日を過ぎた頃にはラン君の耳を掻いてあげることと

マッサージが日課になっていました。

カラーを着けていると耳を掻くことも、毛繕いもできません。

そしてアニマルコミュニケーションで

“首が疲れる”

とラン君が伝えてくれたので首と肩のマッサージもするようになりました。

最初の頃は野性味溢れるラン君にマッサージをできるようになるなんて思ってもいませんでした。

マッサージをしていると

気持ちよさそうに目を細めたり

うーっという声が聞こえてきました。

ラン君が言葉を話せたら

“うーっ、そこ、そこです!”って言っているのかな?と

勝手に想像していました。

通院にも

病院での処置にも

慣れてきたラン君ですが10月の末になっても、まだミャーと鳴いてくれませんでした。

それでも、ラン君の表情が少しずつ変化していることを感じました。

この頃は

焦らず

ゆっくり

大丈夫!が口癖になっていました。

動物はとても敏感に人の気持ちを読み取ります。

私が、ドーンと構えてなかったらラン君が不安になると思っていました。


退院から1ヶ月過ぎると2.6kgだった体重が3060gに増えました。

それでも、まだまだ細身です。

ラン君は通院を嫌がることもなく

処置してくださる先生を怖がることもなく

威嚇することもなく

自分の置かれた状況を理解しているように感じました。

<<7>>に続く

みんなの読んで良かった!