もう一度走る<<24>>


もう一度走る<<24>>


6月2日
右後ろ足は移植した皮膚が広がり、傷の殆んどの部分が新しい
皮膚に覆われてきました。

新しい皮膚が再生してない赤い部分は、幅数ミリと小さくなり
ました。

6月4日

夕方ラン君に逢いに行くと包帯を巻いてませんでした。

私はラン君の包帯を巻いてない姿を見て興奮しました。

それと同時に保護した時のこと、三度の皮膚移植手術のこと、
色々なことが一度に頭の中でぐるぐるしてきて、どんな感情
なのかわからなくなっていました。

この日、傷が小さくなったので、その部分を寄せて2針縫ったそうです。


先生は私が来るので包帯を巻かずにいたそうです。


私はラン君におめでとうをいっぱい言いました。



このまま、包帯を巻かずにいる場合は大きなカラーを着けると先生

から説明がありましたが、その直後に傷を舐めているのを見つかっ

て、すぐに大きなカラーを着けられました(^^:


6月7日
ラン君が私の腕を4本の足で抱えて キックしました。

保護されるまでラン君がどんな生活をしていたのかわかりません。

ラン君が心を開き、人と遊ぶことができるようになって本当に
嬉しかった!

6月13日、先生から『傷の状態もいいのですぐにでも退院でき
ます』と連絡がありました。

私は、退院は数日先になると思っていました。

でも、退院できる状態だったら少しでも早く迎えに行きたいと
思い、仕事が終わってからラン君を迎えに行きました。

先生の提案でエリザベスカラーを外す<<除カラー式>>をする
ことになり、28日をその日に選びました。

6月28日は満月でした。

満月は達成、完了の時期で、カラーを外すのに最適な時だと思
ったからです。

退院して家に着くと自分の匂いを確かめるように部屋の中を歩
いていました。

前回の退院の時には我が家に慣れるのに少し時間がかかりました。

でも、今回は入院期間が短かったのですぐに以前の生活に戻り
ました。

違っていたのは、もうすぐエリザベスカラーから解放されると
いうことがわかっていたことです。

そして、待望の<<除カラー式>>にラン君の反応は?

<<25>>に続きます。

著者のYasuko Marueさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。