6.ホームステイ

1 / 3 ページ

前編: 5.フィリピンに到着
後編: 7.フィリピンにきて…

よく知らない女の一家とのホームステイ生活が始まった。

私にあてがわれた部屋は玄関付近の小部屋。

きっとメイドなんかがいれば、その部屋で寝泊まりするんだろうと思われるベッドだけが置いてある小さな部屋だった。

部屋の中には窓の様にコンクリがくり抜かれてる部分がある。

人間が入ってこれない様に鉄格子がついている。

だけども網戸や窓はないから、虫を中心とする小動物が自由に出入り出来る。

屋根はあるけど外と変わらない。

むしろ外よりも直射日光や雨風が凌げる分、外から色んなのが中に逃げ込んでくる。

とりあえず部屋にいれば蚊にボコボコにされる。


そんな事は想定内だったので、ムヒを日本で大量購入しておいたけど、常にボコボコにされるので、いつもムヒのニオイを漂わせていた。


いちおう海外に出た経験はちょっとくらいあった。

ハワイ、サイパン、韓国、この3つの国で、言葉以外に困る事なんて無かったのだけど、フィリピンの普通の人(日本から娘がカネ送ってるから、中流以上)の家は、ちょっと想像を超えて困る事がいっぱいあった。

まずトイレ。

シャワーとトイレが合体していて浴槽は無い。

シャワーから出てくるのはお湯じゃなく水。

風呂場は、私が寝かせてもらった部屋と同じ様に窓なんてなく鉄格子だけの穴が空いてるから、カブトムシみたいに大きなゴキブリが何匹かいる。

私は都会っ子だし、アウトドア苦手なタイプだから、蝶々さえ怖かったりする。


ゴキブリが数匹いて触覚でコミュニケーションをとっている様を見た時は、恐ろしくて声も出ない。


シャワーとトイレが合体しているから当然なのかもしれないが、床が濡れていて凄く気持ち悪い。

誰かの小便が便器から外れたのを踏んでいる様な感覚でゾゾーっとする。


便器には便座が無い。

そして水を貯めるタンクも無ければ、流すレバーも無い。

トイレットペーパーも無い。

便器の隣に大きなバケツがあって、そこに水が貯めてあって、桶が浮いている。


一体どうやってウンコをすればいいのか分からない。

トイレの使い方を知りたいが、それを聞くコミュニケーション能力を持ちあわせていない。


便器の上にのってウンコ座りをすれば良いのだろうか?

いや、それでは、間違って足を滑らせたら、ウンコ側に足を落としてしまう…。

便座がない便器に座るにも、便器にケツをつけるのが気持ち悪くてできない。

とりあえずスキーのジャンプの体勢で用を足す。

スクワットの途中で止まっている感覚なので、甘やかしてきた私の太ももはプルプルしている。

桶で水をすくい、ウンコを流す。

また桶で水をすくって、ケツメドを手で洗う。

生まれて初めて、ウンコのついたケツメドを指でこすった。

みんなの読んで良かった!