劇的ビフォーアフター!ゼロからサービスを作ってみた話。オンラインフリーマーケット『ekino』

1 / 5 ページ

ゼロからサービスが出来るまで。

約2年前、友達とオンラインフリーマーケット『ekino』を作りました。
ここでは、特に『デザイン』にフォーカスして当時の話を振り返りたいと思います。
Webサービスって、こんな感じで出来るんだな〜と楽しんで頂けたら幸いです。
下の方では、製作途中のデザインも公開します!

ビフォーアフターをお楽しみください!\(^o^)/

作ったキッカケ

当時、忙しかった活動も終わり、内定も決まっていたので、あとは学生生活を楽しむだけ、と言う状況だった。
また、ベンチャー企業で2年間アルバイトをした事で、Webサービスの基本的な作り方は大体学ばせて頂いていたので、そろそろ何か1つ、自分でも作ってみたいなーと思っている最中だった。

天才肌の友人、宮元

そんな中、僕のクレイジーな友達の1人である宮元が面白いことを言った。
彼はいつも道端に落ちている壊れた機械やよく分からないモノを拾って、直して使ったりして遊ぶ天才だった。
インターネットにフリーマーケットみたいなのがあればいいんやない?。みんなまだ使えるものを捨てるの、勿体無くね?
確かに!!!
それを聞いた当時の私は『動いてから考える!』のがCool!だと思っていたので、すぐに実際に作ろう!という話になった。

アイデアはある。技術もある。でも・・?

システムに関しては、よっぽどのものでなければ自分で全て作れるだろうと思っていたので特別な心配はしていなかった。
全て、今までベンチャー企業で学んだ事で作れそうだった。
(つくづく、素晴らしい会社でアルバイトさせて頂きました。  ->ピクシブに入るときの話

しかし、気になっている事があった。
デザインは・・どうしよう?
宮元は、漫画(Kakkotsuke Or Die)を書いたり自分で作曲(DTM)もする多彩っぷりだったが、流石にデザインをやったことはなかった。

(ちなみに、当時宮元が書いていた漫画はこちら。iPhoneアプリ化もしたんですが、R-18指定に引っかかって申請通りませんでした・・・・)


私は芸術方面は、からっきしダメだった。

そうして、どうしたらいいか悩んでいた時、ふと、とあるセミナーで知り合った美大の友人の事を思い出した。
彼なら・・・やってくれるかも?

可愛いけどちょっと毒舌デザイナー

彼は、その前の1年間、一緒にゲーム開発を行ったチームメイトだった。
その中でも、彼は 1. インターネットに精通している 2. こだわりがある 3. 何だかんだ言っても、必ずお願いした仕事はキチッとやりとげてくれる とても出来るデザイナーだなあとつくづく思っていた。

何か機会があれば、一緒にやってみたいと思っていたので、早速彼に『オンラインフリーマーケットを作りたい!!』と言ったら、すぐにプロトタイプを作ってくれる事を約束してくれた。

みんなの読んで良かった!