愛する娘がADHDだった〜シングルマザーの心の記録 /Vol.2

前話: 愛する娘がADHDだった〜シングルマザーの心の記録 /Vol.1
次話: 愛する娘がADHDだった〜シングルマザーの心の記録 /Vol.3

うるさいうるさいうるさいうるさい

この言葉…毎日カウントしてみたいものだな…。

私は娘から何度言われているであろう。
でも、確かに私が娘の立場でも、そう思うし言うと思うけれどね。

でもね…本当は私だって、うるさくなんて言いたくないし、穏やかでやさしいママでいたいの。
娘からうるさいって言われるたびに、心の中では「ぁぁぁ」って傷ついているんだから。

ADHDってわかる前は、

「もう3歳だよ」
「もう小学1年生だよね」
「とうとう中学生になったから」
「もう17歳はほとんど大人だよ」

「だから、わかるでしょう!できるでしょう!ママはあなたを信用してるよ!」

こんな感じで、もう◯◯だから、あなたはできるって言ってたし、言い聞かせてた。
でも今思えば、ADHDじゃない人だって、みんな同じじゃないよね。

3歳だからもうできるとか、17歳なのになぜわからないの?って、思っていた私の方が間違いなんだって…。

人は人、自分は自分!

できてもできなくても、普通とか普通じゃないとかのものさしって何だろう?

私の人生で自分勝手に作っていたものさしなんだよね。それに、私は娘のことも息子のことも、心の底から信じていたんだ。

絶対に心を込めて話せば伝わるし…伝わっているってね。(伝わっている=できるってこと)

それも、私自身の勝手な思い込み…
これ、NLP心理学では「一般化」っていうんだけど、みんながそうだから…普通はそうだから…って、独自のフィルタ−をかけてしまってるんだな。
その根拠は?って聞かれても、具体的に言えないんだよねっ。

だから、できるはずって信じていたことができなかったり、教えたはずって思っていたことが伝わっていなかったりすると、私自身もまた同じことを何度も注意したり叱ったりするしかない。

私はある意味メンタルのプロなんだ


実は…私、悩み相談、カウンセリング、コーチング、占い、催眠療法、ヒーリングの仕事をしている。
だから、毎日毎日、たくさんの人の心の奥と向き合ってきた。
もちろん、娘と同じ年頃の子たちも多いし、ママやパパの悩みだって、恋愛や人生の悩みを抱えてる人ともたくさん出会ってきた。

なかにはきっと、ADHDで悩んでいる人もいたはずなのに…娘のこと…娘の心の中や行動を見抜けなかったんだなぁ…。

だからこそ、私の落ち込みとショックは計り知れなかったのだ。
今でもね…実は完全とは言えないのかもしれないし、戦っているよ…。
自分自身とね。

でも、おかげさまでメンタルトレーニングの手順はわかっているし、セルフコントロールもできるから、私自身はなんとか大丈夫なんだけれど…。

今,一番困っていること

娘にはまるで自覚がないってこと!
事の重大さや緊張感がほぼないってこと!

だって,私のところにくるお客様はさ、何か悩みがあって、なんとかしたいって思ってるから私に会いに来るのに…。

だからスムーズにいくんだけれど、娘は違う。
だから、やっぱり言われるよね…うるさいうるさいうるさいうるさいうるさい…ってね。

さて…娘に少々の危機感を持たせて、向き合ってもらうためにはどうするものかなぁ〜?

To be continued …


続きのストーリーはこちら!

愛する娘がADHDだった〜シングルマザーの心の記録 /Vol.3

著者のLefuaさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。