愛する娘がADHDだった〜シングルマザーの心の記録 /Vol.3

前話: 愛する娘がADHDだった〜シングルマザーの心の記録 /Vol.2

死んでいる!?


「おかえりなさい」(少々?怒った声の私)

「ただいま……」(ごくごく小さな声の娘)

去年のクリスマス頃の話し。
娘はクラスの文化祭の打ち上げがあるってことで、家に帰ってきたのは確か…0時を過ぎていた。
もちろん…約束の門限は過ぎていたのに…

まぁ、クリスマスだし…
まぁ、文化祭の打ち上げだし…
まぁ、先生も一緒だし…
まぁ、クラス全員だし…
今日は大目にみてあげよう…としていた私。

しかし…
これから話すできごとは、私にとって非常にショッキング…。
人生のうちのTOP3に入るくらいの大事件。

あまりにもストレスが強すぎて、実は細かいところを、いろいろと忘れてるけど…。
これって…もしかして…現実逃避?なのかな?

それでも、これだけは忘れられない…
この時に見た娘の顔!

「明日も学校だから、早くお風呂入って寝なさいよ〜」

「…………」

「玄関の電気消して〜」

「………………」

「◯ちゃん〜◯ちゃんったら!!聞こえてんの?」

娘の部屋は玄関に近いから、私がいつもいる一番奥のリビングに来る前に、部屋に入るのが恒例だけど、なんかおかしい??

いつもなら、遅く帰ってきて怒られそうな時には、バタバタ着替えたりシャワーに逃げたり、するんだけどな?

あまりにも、シーンとしすぎている
無音なのだ…

なんとなくイヤな予感がして、私は部屋に走った(松葉杖だから気持ちだけ走ってる感じ)

「死んでる!!」

「娘が死んでる!!」

私は…私は…私は…心臓が止まった!!


産まれて初めてのビンタ


部屋の真ん中で、娘が倒れている!
目玉をカッと開けて、口も開けて、大また開いてるからパンツも丸見え

「◯ちゃん!◯ちゃん!◯ちゃん」

思い切り身体を揺すった、何度も何度も…

そうしたら、娘がむっくりと起き上がり、ヨタヨタとベッドの上へ…

死んではいなかった…

ホッ…(ほんの一瞬)

これは酔っぱらっている!

それもかなりの泥酔状態で、目はうつろ、しゃべろうとしてもしゃべれない

「◯ちゃん!お酒のんだの?」
「何してるの?どうなってるの?」
「◯ちゃん!スマホ出して!」
「いったいどうなってんの!!」

娘は、なぜかベッドの下にある衣装ケースを全部引きずり出し、中の洋服を出し始めた。
しかし、引きずり出してるつもりでも、酔っぱらってるからメチャクチャ。

どうやらiPhoneを探しているらしい…?
私の言うことは聞こえたのか?

でも、洋服をちょっと引っ張りだしては、床に倒れる。
そして、また出しては、ベッドに倒れる。

ヘラヘラしてるような、何かに取り憑かれたようなすごい顔

あまりにもひどい様なので、たまりかねて…

「◯ちゃん!しっかりしなさい!」
「いったいなにやってるの!!」

バッチーン!!

やってしまった…思い切りたたいてしまった

娘の頬をぶち叩いた!
かなりの力で叩いた…たぶん!

娘が産まれて18年…初めてだ!

でも…娘は、気がつくどころか、そのまま気を失ったかのように…

バタッと倒れて寝た

たぶん…今思えば、急性アルコール中毒になりかかっていたであろう​
いや…なってたかな?
救急車を呼ぼうとしたけれど…

「ぐがぐが…ぐぅぐぅ」

と、いびき?が聞こえたので、とりあえず何が起こったのかを誰かに聞くのが先と思いなおした。


パニックになった私


心臓のドキドキが止まらない

ドキドキ……ドキドキドキ…どきっ

速くなったり遅くなったりして、なんだか苦しい
これが不整脈?
パニック障害?

よくドラマで、家族の事故の知らせを聞いて、「うっ」と胸押さえたり倒れたりするシーンがあるけれど…
それって、本当にあるんだって実感した。

心臓のドキドキは数日は止まらなかったから…

それに、「死んでる!」って本当に思ったし、その時は絶対に心臓が爆発しそうになってた。

ドキっ

本当はこの文字を30倍くらいに拡大して、書きたいくらいの音がしたんだ。​
きっと…一瞬止まったに違いない!!

とにかく…言葉では言い表せないくらいに、驚いたのなんの!!
私はすっかりパニックになっていた…

しかし…ここから、この急性アルコール事件には、とんでもない事実が次々とでてくる。
どこから…何を書いたら良いのか…??

To be continued …

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。