魂の叫び(1)

1 / 3 ページ

冬になり、年末が近づく

 

夫の年末年始休暇が始まる

 

休暇で家に居ることになる

数日前から

 

夫は一段と機嫌が悪くなるのだ

悪くなるというより、かまってほしくて

拗ねる

 

休暇を、家族と楽しく過ごしたい

 

この期待があると、態度は裏腹に

楽しく過ごせるのか、試す言動が増える

 

 

お前は、夏に浮気が発覚した時

毎日SE Xすると誓ったのに

 

約束を破って、今は毎日やらせていない

 

と、怒り始める。

 

 

 

これをこじらせると、明け方までぐずぐずと拗ね

 

わざと、私や子供が眠れないように

大きな音を立てたり

物を投げたり、壁や床を殴る

 

これが本当に面倒くさく

しかも、毎日家に居るのだから

夜中に拗ねたままでは、

 

翌日、子供たちに当たり散らす

 

 

なので、休みに入ると

S EXさせたほうが、楽、だと

いつもいつも、そうやりすごしていた

 

 

生理になった、と言うと

 

口でできるよね

 

と当たり前に返ってくる

 

 

腹の底から軽蔑しながら

 

こんなことを愛と呼ぶのかとしらけながら

 

繰り返す日々

 

 

 

大晦日

 

その日も機嫌が悪く

 

拗ねから始まり、性処理までの流れが

3時間

そこからかれこれ一時間近く

口や、手で、性の処理に付き合い

 

体も心も鉛のように重く

最悪な気分を溜め込んで

 

それでも、耐えたのは

 

元旦を、明るく迎えたい

実家の家族の前で平和な家族を演じるため

 

機嫌よく、寝てもらわなければ

いけないのだ。

 

私の吐き気をこらえてでも。

 

 

明け方、4時過ぎにようやく終わり

 

少しだけ眠り、元旦の朝を迎えた。

 

 

 

 

2017年 元旦

 

夫は機嫌よく起き

おせち、お雑煮をみんなで食べ

 

平和に、元旦の朝のテーブルにつけたことで

私は安堵していた。

 

一時間、咥えたのだから。

機嫌はよくて当たり前だと。

 

 

家から数分の、氏神様へお参りし

そのまま、都内の私の実家へ向かうのが

例年の流れ。

 

朝食を片付け、出かける支度をする。

 

 

毎年、お正月はわたしの休暇で

子どもと三人で、実家に泊まるのが

何よりの楽しみだった。

 

友達と飲みに行ったり、昼間買い物をしたり

ゆっくり羽を伸ばして、、

 

 

支度をしながら会話をし

 

あ、私たちいつも通り、何泊かとまるよ~と

著者のKcoさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。