オタクは『伝え方が9割』のとおりに伝えたら結婚できるか?

1 / 3 ページ

おばちゃんを好きになる


職場のおばちゃんが好きだ。


おばちゃんは、僕のミスを笑って励ましてくれる。
腹が減るとお菓子を供給してくれる。
何より、緊張せずとも話せるのがいい。


若い女性は苦手だ。

緊張する。
仕事上の業務連絡をするだけでも、「変な話し方になっていないか」と敏感になる。
美人だったり、自分に愛想がよかったりすると、変に意識してしまう。

オタクになった経緯

僕は小学三年生からバスケットボールを始め、大学四年生まで続けていた。
親からもらった高身長(現在190cm)と、優秀な先生のおかげで高校へはスポーツ推薦で進学した。
その高校でも仲間や顧問に恵まれ、充実したバスケ生活を送れた。
ただ、そこは男子校だった。
女子と話す機会は、ない。
周りの男子と同様に女子への興味はあったが、いつの間にか同世代の女子と話すのが苦手になっていた。

部活動を引退すると、やることがなくなった。
そこで、「萌え」の世界に魅惑された。
当時、「涼宮ハルヒの憂鬱」というアニメが流行しており、友人に薦められたのだ。


ヒロインであるハルヒは、超絶美人、成績優秀、それでいてツンデレ。
オタクにとっては「たまらん」というキャラクターだ。
そのハルヒに夢中になる。
原作の小説、フィギュア、ポスター、あらゆるグッズをそろえた。
携帯の待ち受け画面も、ハルヒにした。
二次元の女の子は、いい。緊張せず、接することができる。
僕は三次元の世界から逃げ出し、オタクになったのだ。

出会う

高校を卒業し、地元の企業に就職した。
文房具を販売する会社の事務部である。
全員で10人の小さな部署だった。
僕の次に若い人は40代半ばという、ベテラン揃いの職場だった。

職場では、お互いに下の名前で呼び合うルールがある。
その方が、親近感がわき、チームワークが良くなるらしい。
慣れるまでは恥ずかしかったが、なるほど、「宗一郎」と呼ばれるとたしかに悪い気はしない。




6年が経ち、4月に新人が入社してきた。
女性だ。
ほっそりとした身体で、高卒とは思えないほどスーツが似合っている。
髪型はショートで、ボーイッシュという言葉がふさわしい。
顔が小さく、モデルとしてスカウトされてもおかしくないだろう。
そして、力強い二重まぶたと猫を思わせる大きな瞳を持つ女性だった。

                 (写真はイメージです)

「七瀬 桜(ななせ さくら)です。よろしくお願いします」
コーラス部のように声も美しい。
誰もが笑顔で歓迎した。

持参してきた手土産は、ひとつひとつにリボンがついていた。
中身は見たこともない焼き菓子で、甘いものを普段食べない僕でも店名を聞きたくなるほどだった。

桜さんの座席は、僕の右隣だと決まっていた。
僕でも教えられる簡単な仕事から覚えてもらうためだ。

共に働く

僕は、
緊張しながら、
緊張していないフリをして、
桜さんと話していた。

つらかった。
慣れ親しんだ職場は、一気に張り詰めた場となった(僕にとっては)
それが朝から夕方まで続くのだ。
常に喉が渇くようになり、お茶を飲む回数が増えた。
前述したが、若い女の人と話すのは苦手なのだ。
それも、素敵な人が相手では・・・・・・。
桜さんは僕のことなんて気にしちゃいないだろうけど、
僕は明確に意識していた。

惹かれる

僕が教えたことを一つ一つ丁寧にメモを取る彼女。
書道教室に通っていたのだろうか。達筆だった。

また、彼女は頼まれてもいない仕事を積極的にしていた。
朝一番の窓開け、給湯室の整理整頓、などなど。
職場のおばちゃんたちからは、
「桜ちゃんは本当にいい子ねぇ。うちの娘にも見習ってほしいわ」
と言われ、たくさんのチョコや煎餅をもらっていた。

僕たちの職場には、毎週金曜日にランチミーティングをする。
ミーティングと言っても、何か話し合うわけではない。
会議室で全員一緒に昼食を食べ、親睦を深めようというのだ。

会話から察したが、桜さんの弁当は手作りらしい。
小さめの弁当箱におかずが隙間なく並んでいる。
ちらっと盗み見ただけでも、見栄えがいいのがわかった。
桜さんと直接話す勇気はなかったが、おばちゃんたちがいい具合に情報を引き出してくれた。

「今は実家から通っています。でも、お金が溜まったら一人暮らしをしてみたいです」
「鶏の唐揚げが好きなんです。いつも唐揚げが弁当に入っているかもしれませんが、笑わないでくださいね」

僕も何か話したかったが、無理だった。
アニメやゲームと違って簡単に女子と仲良くできるものではない。

しかし、ひと月もしないうちに完全に桜さんのことが好きになっていた。
仕事ができ、人柄もよく、容姿端麗。席がとなりで、仕事上はよく話す。
そりゃ好きになりますよ。

桜さんと仲良くなりたいッ
桜さんとデートがしたいッ

そう思っても、恋愛経験値ゼロの僕にはどうすればいいかわからなかった。

見つける

その本との出会いは偶然だった。
好きなアニメの原作漫画を買いに行ったとき、
平積みされていた本だ。





著者の佐々木 宗一郎さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。