同じアパートの女子留学生に挨拶したら結婚までいってしまった話

1 / 3 ページ

私が大学生の時、今どき珍しいくらいボロいアパートに住んでいました。

お風呂と洗濯機が共同で、トイレも水洗ではありません。
とても寒い地域で、冬には部屋の中でコップの水が凍ったこともあります。
学生向けのアパートで、全室が同じ大学の大学生が入居していました。
そんなアパートですが、私は2Fに暮らしながら、大学生活を満喫していました。

ある日のこと、部屋にいると、真下から女の子の声がしました。
どうやら下の部屋から聞こえてきています。

彼女いない歴=年齢の男子大学生とあっては、嫌でも気になってしまいます。
思わず耳を畳につけ、聞き耳をたててしまいました(笑)

すると、女の子2人の話し声が聞こえてきますが、
何を話しているかが聞き取れません。



それから度々、真下の部屋から話し声が聞こえてきて、
その度に私の意識はそちらに向けられていました。



夏になったある日、私はアパートの駐車場でバイクをいじっていました。
免許を取った直後に手に入れたバイクで、私の相棒と言うべき存在でした。

そんな時、私の真下の部屋のドアが開き、人が出てきたのです。
真下に住んでいる人でしょうが、その住人を初めて見ました。

…かわいらしい女の子でした。


これは挨拶しなければ!
と、私の頭は声をかけるタイミングを見計らうことにフル回転し、
バイクの整備(をするフリ)をして機を待ちます。
…今思えば、挙動不審全開だったのでしょうけど…。


そして彼女が、しゃがんでいる私の横を通り、
目が合った瞬間に、挨拶をしました。

「こんにちは~」

「……こんにちは」

彼女は少しびっくりしたように、挨拶を返してくれました。
この時から、私の中で彼女という存在が
大きなものになっていったのでした。



そこから奇跡的に彼女と仲良くなっていった私は、
大学でも会えば話すようになっていました。

そこで驚きの事実を知ることになりました。
彼女は留学生だったのです。

でも見た目は全然日本人と変わらず、
それは現在でも、初対面で見た人全員が日本人と思っています。



彼女の祖国は日本から南へ遠く離れた常夏の国で、
四季を経験したのも日本に来て初めてでした。

日本語も少したどたどしいところがありましたが、
会話は普通に出来ます。
アルバイトもしていました。


私はここぞとばかりに
「困ったことが合ったら何でも言ってね!」と、
日本生活のサポーターのように振る舞いました。

もちろん、彼女と仲良くなりたかったからです(笑)




アパートが同じということで会うことも多く、
車も持っていた私は(イナカなので車を持つ学生がほとんどでした)、
彼女のアルバイトの送り迎えも手伝うようになりました。


彼女がアルバイトをしていたのはカラオケと居酒屋で、
彼女は田んぼの中の道を30分歩いて行っていました。
夜になればもちろん真っ暗で、カエルの声が大合唱しています。

私のオンボロ車でも、歩くよりはマシだったようで、
彼女も喜んでくれていました。




やがて季節は変わり秋。
大学の学園祭に、私は彼女にアプローチをかけることにしました。

その頃、私はバンドをやっていて、ドラムを担当していました。
やった演目は、MONGOL800(モンパチ)の
『小さな恋のうた』『あなたに』といった、
当時大ヒットしていた青春バリバリの曲です。

でも彼女はその曲を全く知らず、
そもそも学生バンドのライブすら初めて観るのでした。

彼女は同じ祖国から来た留学生の友人と観てくれましたが、
むしろその友人の方がノリノリで、肝心の彼女の反応が今一つだったのです。


「結構失敗したからかな…」
「こういうノリは苦手だったのか…」


と、ライブに誘ったことを後悔し始め自己嫌悪に陥ってしまう始末…。



数日後、大学で彼女と会った私は、
ライブに来てくれたお礼を言い、率直な感想を聞いてみました。

すると彼女はこう言いました。

著者のKosukeさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。