安本豊360℃ 歌に憧れたサッカー少年 vol.06「ここから」

前話: 安本豊360℃ 歌に憧れたサッカー少年 vol.05 「祈り」
次話:  安本豊360℃ 歌に憧れたサッカー少年 vol.07 「紹介」


僕は、すごい物語を聞いてしまったような気がした。


単に、楽器店で出会って、ここに来ただけの僕とは、まるで志が違う。


なんだか自分がとても薄っぺらで、小さな存在に思えた。


「ティラー。君をティラーと呼んでいいかい?」


なんとなく黙ってしまった僕に、ギブソンが声をかけた。


ああ、そういえば、僕も、ギブソンを何と呼んでいいのかわからなかった。


「ええ、もちろん。そう呼んでもらえれば、嬉しいです。

僕も、ギブソン先輩と呼んでいいですか?」


「いいけど、先輩は要らないかな。ただのギブソンでいいよ。」


「は、はい。ありがとうございます、ギブソン先輩。」


「いや、だから、先輩は


僕らは、笑った。


そうは言っても、僕も先輩を呼び捨てにするわけにもいかないので、この後も、「ギブソン先輩」で押し通した。


ほどなくギブソンも、僕がそう呼ぶことを諦めてくれた。


僕がいた楽器店での、他愛もない話をしているうちに、空が白み始めた。


「もうすぐ、あっちゃんが起きてくるよ。」


とギブソンは言った。


「あっちゃん?」


「豊の奥さんだよ。今日、豊が紹介してくれるよ。いい声で歌うんだ。」


「なんか照れますね。」


そういう僕に、ギブソンは、明けてくる窓の外を見ながら言った。


「ティラー、君は、これから豊とドラマを作っていくんだ。」


そうかまだ僕は、豊と出会ったばかりだった。


僕は、これから豊の相棒になって、彼との時間を積み上げていくんだギブソンは、僕が思ったことに気が付いていたんだ、と思うと、その懐の深さが身に沁みた。


僕も、ギブソンのように、相棒に寄り添い、『相棒』と呼ばれるのにふさわしい存在になりたいと思った。

 

夜が明けて、僕らはおしゃべりを止めた。

「おはよう!」


豊の声がして、部屋のドアが開かれると、すっかり明けた朝の光が、リビングの床を照らしているのが見えた。


「あっちゃん、これ、昨日、買うて来たギター。見て。今日から、新しい家族や。いや、昨日からやけど


まだ寝ぐせのついた頭をかきながら、豊は「あっちゃん」を呼んだ。


豊の後ろから、おなかを抱えるようにして「あっちゃん」が部屋の中を覗いた。


ああ、もうすぐ赤ちゃんが産まれてくるんだ僕は、おもわずギブソンを振り返った。


ギブソンは、「また、そのうち話をするよ」と言いたげにほほ笑んだ。


「ああ、これ?きれいやん!」


きれい、と褒められた僕は、嬉しくて、少しドヤ顔をしてしまったかもしれない。

続きのストーリーはこちら!

 安本豊360℃ 歌に憧れたサッカー少年 vol.07 「紹介」

著者のKeiko Nishiumiさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。