家族の崩壊 7 「決定打になった二つの事件」

前話: 家族の崩壊 6 「嫌われ者への道」
次話: 家族の崩壊 8 「夫婦喧嘩を見るのがとても嫌だった」
決定打になった二つの事件
小学校一年の頃の出来事だったと思う。 

土曜日、上履きを忘れた俺は、自転車で小学校に行き、用務員さんに上履きを忘れた事を言い、扉を開けてもらった。 

自分のクラスの靴箱を見ると、何名かのクラスメイトも上履きを忘れていた。 

◯◯と、◯◯に、◯◯か…。 

7、8人の上履きがあったが、そのうちの5人位は家が判った。 
俺はその5人の上履きも自転車のカゴに入れると、それぞれの家へ届けて回った。 

確か、8時前後だったのだろうか…。 

届ける先々で、クラスメイトのお母さん方が、あらー! わざわざありがとう! と言ってくれた。 
クラスメイトもニコニコしながら玄関まで出てきてくれた。 

中にはお菓子までくれるお母さんもいた。 

まさかそんなに喜んでくれるとは思わなくて、俺も嬉しかった。 
また来週の土曜日にやろうとさえ思った位だ。 

全ての上履きを配り終えると、俺は母に遅くなった説明をした。 

処が、話の途中で母がこう言った。 

『お前、余計な事ばっかりするんじゃないよッ!』 

驚いた。 

まさか怒鳴られるとは思わなかったから。 

母の言葉は続いた。 

『みんなそれぞれの事情があって置いてきてんだ! それを頼まれもしないのに勝手な事しやがって!』 

訳が解らなかった。 
上履きを忘れるのがそれぞれの事情!? 

俺は自分では善い事をしたのだと思ってたし、現にみんな喜んでくれた。 
お菓子だってくれたのに…。 

母の怒りは収まらなかった。 

『いま、◯◯くんのお母さんから電話があったんだよ! 余計な事ばっかりしやがって! こっちにこい!』 

母は俺の手からお菓子をふんだくると、ゴミ箱の中に握り締めて棄てた。 

そしてこういった。 

『血が出るまでひっぱたいてやる!』 

突然顔をひっぱたかれた。 
泣くのを我慢していたが、それでも殴るので、遂に涙が出た。 
しかし母はいつもこう言った。 

『また嘘泣きか? お前は泣けば済むと思ってんだから。ほんとにずる賢いよ!』 

こうしてとどめにパンツ一丁にされ、メシ抜きの揚げ句外に追い出される。 
家の前でパンツ一丁で赦しが出るのをひたすら待つのだ。 


更に小学校二年の冬の事…。 

一月生まれの祖母の誕生日に、プレゼントを買ってやりたいと思った俺は、近所の洋品店でオレンジ色の手袋を買った。 
150円の軍手だが、俺の当時の小遣いは一日30円だから、結構高い買い物だった。 

それを買って母に見せた。祖母の誕生日に贈るのだと。 
しかし待っていたのは、またもや鉄拳制裁だった。 

『お前、年寄りがそんな派手な手袋をすると思ってんのか!?血が出るまでひっぱたいてやる!』 

こう言って再びぶん殴られ、パンツ一丁で外に追い出された。 

しょっちゅうひっぱたかれて外に追い出されていたが、この二つの事件だけは忘れる事が出来なかった…。 

俺はこう思った。 

(善い事をしたって悪い事をしたって、結局殴られんじゃねぇか! だったら悪い事してた方が楽でいいや…) 

この事件を期に、完全に勉強はやらなくなり、窃盗を繰り返すようになった…。 

続きのストーリーはこちら!

家族の崩壊 8 「夫婦喧嘩を見るのがとても嫌だった」

著者のキブロワイトさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。